2012.9.15土 産経新聞「ファストフィッシュ」官民一体で加速 販売好調でうれしい悲鳴 ⇒報道の形で流れを作る「官僚マーケティング」⇒報道の形のステルスマーケティング(ステマ)

「ファストフィッシュ」官民一体で加速 販売好調でうれしい悲鳴 (1/3ページ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120915/bsc1209150502005-n1.htm

2012.9.15 05:00
プロントコーポレーションが新たに開発した魚メニューの「スモークさんまのカルパッチョ」=東京都港区


 魚の消費拡大に向け、手軽に魚料理を楽しめる商品として水産庁が選定する「ファストフィッシュ」ブランドが人気だ。

 選ばれた商品は順調に売り上げを伸ばし、2回目となる14日の選定では初回の9倍近い応募を集めた。同庁は外食業界などを通じ、魚を使ったメニューがどれほど受け入れられるかの実証実験を新たにスタート、官民一体の取り組みを加速させる。

 「一時は品薄の店も出ました」。イオンの担当者はうれしい悲鳴をあげる。8月24日から、ファストフィッシュに選ばれた「骨取り味つきさんま」を全国の店舗で販売したところ、店によっては2日間で500個が売れるなど、月販約30万個のペースで推移する。

 イトーヨーカ堂が販売する電子レンジ調理の味付け魚介類の売れ行きも、計画の3倍近いペース。同社は「魚が売れる食品売り場なら、広域から集客できる」(担当者)と、ファストフィッシュで食品売り上げ全体の底上げを見込む。


「ファストフィッシュ」官民一体で加速 販売好調でうれしい悲鳴 (2/3ページ)

2012.9.15 05:00

プロントコーポレーションが新たに開発した魚メニューの「スモークさんまのカルパッチョ」=東京都港区

 販売好調を受け、水産庁の第2回選定では、初回の66品目の8.7倍にあたる575品目が95社から寄せられ、このうち86社522品目が選ばれた。単に簡便なだけでなく「生ふりかけ」などユニークな商品も加わり、水産庁企画課は「裾野が広がった」と手応えを口にする。

 ファストフィッシュと並行し、新プロジェクトも始動する。魚の消費機会の拡大をめざし、外食や流通などが実施する魚関連イベントや新メニューの開発を、水産庁が「魚の国のしあわせ」事業としてお墨付きを与える試みで、8月28日に58事業を登録した。

 カフェ兼バーをチェーン展開するプロントコーポレーションは今月1日から、同事業の一環で、月替わりパスタなど4品目を新開発やリニューアル。9月の月替わりパスタは従来メニューも含め、全3品とも魚介類が含まれる。魚介類が入っていなかった8月の3品よりも売り上げを伸ばしているという。

 魚介入りメニューは女性客にも好評。担当者は「なるべく魚を食べたいと感じる消費者は多い。肉料理に代わり、軽くすませたい夜食需要としても期待が持てる」と話している。(佐久間修志)


「ファストフィッシュ」官民一体で加速 販売好調でうれしい悲鳴 (3/3ページ)

 ≪主なファストフィッシュ選定商品≫

 第1回 マルハニチロ食品 くるんパックおさかなソーセージ

     イトーヨーカ堂  レンジアップ商品

     イオン      骨取り味つきさんま

 第2回 ユニー      片手で食べれる海鮮サラダ

     東洋水産     マルちゃん いかピッコロやさしい塩辛(仮称)

     ヤマトミ食品   レンジでさばの味噌煮

|

2012年9月のNHKきょうの料理のテーマは「特集/6か月で! レパートリー倍増計画 秋においしい! ボリューム魚おかず」 「魚介(ぎょかい)」という言葉も多用。いままではもう少し具体的だったのに・・・。これも水産庁のキャンペーンの一環のようです

|

2012.9.9日NHK日曜朝6時15分からの「うまいッ!」が〔さかなの缶詰〕でした。「缶詰」を取り扱うって珍しい!と思いましたけれど、そういえば・・・「ファストフィッシュ」と同じ。⇒ということは「産地表示」は義務ではなくなるし・・・・。「フクイチ以後の放射線量問題」へのアクションだと思いました。でも、それを言わないで進めるところを疑ってしまうんです。時代は違っているのに、水産庁もNHKも従来通りのやり方で進めています。

|

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国交省 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚に取り込まれるというのはこういうことですか? | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 急ピッチ | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 教育の形でも流れをつくるNHK | 新自由主義 | 日本語を大事にしてきたNHKが「プレミアム」路線に。官僚の英語由来カタカナ語シフトに続く広告代理店主導でしょうか? | 明日を感じる話 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 食材検査 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ