2012.6.28木NHKおはよう日本〔リポート 女性と薬〕で天下り「妊娠と薬情報センター」⇒NHKが厚労省キャンペーンを手伝っていますね。受信料が厚労省の予算として使われているということですね

「妊娠と薬情報センター」
村島温子 センター長

日本では検証されていない薬
海外では症例集め分析しているケースが数多くある


〔厚生労働省の事業として国立成育医療センターに「妊娠と薬情報センター」が設置〕

厚生労働省自身ができていないということなのに



センター長なのに、研究員のようです


センターに相談することであきらめかけていた出産を実現できた人がいます。
28歳の時にリウマチを発症

考えた時に門戸をたたけるような場所が増えてほしいと思う

報告:天間暁子 生活情報部

鈴木奈穂子さん「このセンター、各地の拠点病院と連携して、相談を受け付ける窓口を徐々に増やしています。
今全国に22か所あるということです。」(と、ここでは伝聞調。言い切ることが多いNHKのこの使い分けがまた不思議なんです。)

阿部さん「薬を飲んでいる女性にとって心強いですよねえ」

鈴木奈穂子さん「そうですね。相談に訪れた人の病状によっては、希望通りにいかないケースもありますが」(ここでは伝聞ではなく直接で表現)「すこしでも可能性を広げるための支援をしていきたいということです。」


|

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国交省 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚に取り込まれるというのはこういうことですか? | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 急ピッチ | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 教育の形でも流れをつくるNHK | 新自由主義 | 日本語を大事にしてきたNHKが「プレミアム」路線に。官僚の英語由来カタカナ語シフトに続く広告代理店主導でしょうか? | 明日を感じる話 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 食材検査 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ