2012.9.25火NHK 午後845分から15分間の関東ローカルニュースで〔八ッ場ダム 着工条件を検討する<国の有識者会議>が4年4か月ぶりに開催された〕

|

2012.9.20木 NHKおはよう日本5時2分から2分間 日航上場で国交省航空族の利益を考えなさいと報道するNHKでした その霞が関文学/東大話法は・・・

JAL再上場 収益安定化が課題に

日本航空は、19日、株式の再上場をきっかけに、採算が合わない路線の復活などを求める声が高まることも予想され、今後、そうした期待を受け止めながら、いかに収益の安定化を図って行くかが課題になります。

日本航空は、19日、東京証券取引所に株式を再上場し、企業の価値を示す時価総額が6900億円余りと国内の航空業界でトップとなりました。

日本航空は、<国の支援によって得た利益で、最新鋭の航空機の購入や新規の国際線の開設など事業の拡大を進めている>ことから、国内の航空業界は、国の手厚い支援によって競争がゆがめられ不公平だと強く批判しています。


さらに、再建を果たしたことから、経営破綻にともなって削減してきた採算性の低い地方路線の再開など国民への利益の還元を求める声が高まってくることが予想されます。

この問題について、日本航空の稲盛和夫名誉会長は19日の記者会見で、「慎重に、内容のよい経営を続けていくことが一番肝心だ」と述べ、かつてのような拡大路線には否定的な考えを示しました。

しかし、格安航空会社の参入などによって航空業界の競争が一段激しくなるなかで、国民の期待を受け止めながら、国民の期待を受け止めながら、収益の安定化をどうやって図って行くか、日本航空の戦略が問われています。


〔格安航空会社の参入などによって航空業界の競争が一段激しくなるなかで、収益の安定化をどうやって図る〕ことは、いまやっているわけです。これが稲盛さんが「慎重に、内容のよい経営を続けていくことが一番肝心だ」いったことです。

それを、

〔格安航空会社の参入などによって航空業界の競争が一段激しくなるなかで、<国民の期待を受け止めながら、>収益の安定化をどうやって図る〕と、一文を挿入してしまいました。

「国民の期待を受け止めながら、収益の安定化をどうやって図りなさい」と勝手に経営課題を増幅してしまっているニュース報道なのです。これは、意見が新たに挿入された作文であって、その作文が<誰の意見>なのかを報道しなければ、ニュースではありません。

そうした、ニュースではない、ニュースとして、

しかし、格安航空会社の参入などによって航空業界の競争が一段激しくなるなかで、<国土交通省や産官学地方の航空ムラの意見=これを「国民」と称した>〔国民〕の期待を受け止めながら、収益の安定化をどうやって図って行くか、日本航空の戦略が<航空ムラから>問われています。

というニュースとして、聞きました。

|

〔節電の恐怖〕が使えなくなったので今度は〔節水の恐怖〕 2012.9.11 震災18か月 国交省は〔水不足で取水制限〕を大アピール 〔恐怖を過剰に与えてマインドコントロール〕 いまは「ひるおび」で!

東京オリンピック時代の給水制限から流すあたり、
官僚の指導でストーリーづくりしていることがひしひし伝わります

どこでも、「全体で38%」とやっています。
でも、どんな平均値なのでしょう?
そこを解説しないのが、「過大な恐怖を与えているのでは」とおもってしまいます

|

2012.9.9日NHKおはよう日本の気象情報が国交省下部組織気象庁を使った〔国交省ダムが大切キャンペーン〕に聞こえました。「セミの声で暑さを感じさせるキャンペーン」が終わったと思ったとたんです。NHKはテレビショッピング以上の寸劇になってきているようです

通常のニュースは淡々と伝えるのですけれど、朝7時台で10分から16分まで長い時間を使うニュースなんです。
「気象予報士の南さん」
群馬県みなかみ町の矢木沢ダム
貯水率6%
上流のダムも例年の半分ほど
あさってから利根川水系で10%の取水制限へ
実施されれば11年ぶり

通常のニュースならここまでおわりです。

でも、このあと
「南さん、水不足になった原因というのを教えてください。」
こんなやり取りになるのは、余裕のある証拠です。
寸劇までしてこれから、宣伝がはじまります。

7:13
「さて、この期になる関東地方の取水制限なんですが、
えー、国土交通省は、あす会議を開いて、本当に実施するのかどうかというのを最終決定いたします」
「はい」
「えー、国土交通省によりますと、10%の取水制限がおこわれても、えー、家庭や農業などに大きな影響は出ないということです。
「はい、ただ、今後、まとまった雨が降らない場合には、取水制限の割合を上げる可能性も、あります。」
「はい」
「すでに、節水に取り組むところも出てきています」

|

2012.7.4水 NHKおはよう日本5時35分 〔国土交通省調査:都道府県や市町村が管理する橋の89&の橋 未補修のまま〕

きびしい財政状況の中、予算を橋の維持管理に充てることができなかった
工事を監督する技術系職員が不足していた
りすることが背景にあるとしている


とっても、「いいわけ」です。
こんなレベルの低い「いいわけ」は
「東大話法」なんていいたくありませんよね。

それなのに⇒
整備新幹線
高速道路
凍結解除

おかしいですよね?


6時台には同じように報じていましたけれど、
7時44分では短く報じていました。
この時のいい方がまた変でした。

厳しい財政状況が背景にあるとみられます」と結んでいました
テロップでは「厳しい財政状況 背景か」です。

ということは、「厳しい財政状況が背景にある」と断定しているわけではありません。
しかも、国土交通省がいったのか、NHKの記者の考えをいっているのか、わからない表現。

|

2012.7.3火 報道ステーション (日航出資の)ジェットスタージャパン就航 〔全日空 純利益281億 日本航空1866億円 この差は?〕⇒日本国政府(国交省)の日航への極端な優遇

全日空 純利益281億 日本航空1866億円 この差は?

日航
2010年 経営破たん時点で約1兆3000億円の損失
350億円の法人税が免除(2011年)
今後最大2320億円の納税免除 (国交省試算)
さらに銀行団による約5200億円の債権放棄で金利負担減
国による公的資金 3500億円
積極的な投資で予想以上のV字回復

全日空
全日空 清水信三 上席執行役員 インタビュー

日本航空 植木義晴 社長 記者会見での談話

羽田国交大臣 空の競争のゆがみ 認めず

中央大学法科大学院 野村 修也 教授 「EUなどでは公的資金を入れた会社には、新規参入、新規事業の展開について、他の会社の株式ということに対して、制約を課しすというようなルールをつくり、平等感を保っているが、日本ではまだそういったルールがない。」



〔日航がよみがえった〕ということを喜ぶのはお上関連の方だけにした方がいいということですね。
一般市民は、お上のムラ社会に、東大話法で語られて、
お金を使われて、「わたしたち(日本国)」と思っているのが、
実は、お上の「わたしたち(ムラ)」の救済になっている・・・・

⇒ 2012年9月14日 日航 ビジネスクラスの新座席だそうです

|

2012.7.3火NHK午後6時台関東甲信越ニュース「首都圏ネットワーク」で〔ラムサール条約 渡良瀬遊水地がきょう正式に登録〕 環境省や国土交通省の事業紹介でした!→ 「首都圏ニュース845」ではトップニュースで全く同じ内容を放送/ニュース7でもラムサール

ラムサール条約 渡良瀬遊水地がきょう正式に登録 環境省からの電話〔栃木市市長 鈴木俊美さん〕

「本州最大級の湿地」といっています。
でも「明治時代に遊水地としてつくられましたが・・・」と紹介。
「足尾鉱毒事件」で「日本最初の公害の被災地」で「米農家が立ち退きさせられた場所」とは紹介されません。歴史を踏まえつつ紹介することがNHKには「求められます!(NHKがよく使う言い回しを使ってみました)」

NHKがニュースの最後に専門家をだします。今回は、渡良瀬遊水地湿地資料館 白井勝二さん
天下りの人かしらと、ネット検索すると・・・
 ⇒ 河川堤防学―新しい河川工学 という本の著者
H16年度 「カスリーン台風時による渡良瀬川流域の土砂移動実績について」 国土交通省渡瀬河川事務所
だそうです

|

2012.6.27水NHK午後6時のニュースの3番目で〔国土交通省 整備新幹線 未着工3区間 今週中にも着工認可〕

|

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国交省 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚に取り込まれるというのはこういうことですか? | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 急ピッチ | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 教育の形でも流れをつくるNHK | 新自由主義 | 日本語を大事にしてきたNHKが「プレミアム」路線に。官僚の英語由来カタカナ語シフトに続く広告代理店主導でしょうか? | 明日を感じる話 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 食材検査 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ