NHKがニュースで言わないことをNHKが放送しています:2012.9.3月NHK視点論点 東京外国語大学教授 黒木英充さん 「シリア内戦の現状」⇒「<支援>という名の下で、暴力的な介入と扇動をおこない、 結果的に、シリアを破たん国家に追い込むこと」の意味をかみしめるべき

最後でこう締めていました。


「政治的自由を認めない独裁政権を止めさせて、民主的な政府にするべきだ」という議論は正しいでしょう。

しかし、それをシリア人の非暴力の市民運動に任せず、
「<支援>という名の下で、暴力的な介入と扇動をおこない、
結果的に、シリアを破たん国家に追い込むこと」の意味を
いまわたしたちは、かみしめるべきだと思います。


(以下、NHKのニュースへの以前のコメントです)


2012.5.15 NHKのラベル付  「〔市民への弾圧が続く〕シリア」 ・・・ 「シリア」だけ言えばいいのに、必ず〔市民への弾圧が続く〕をつけるNHK。「世界平和のリーダーシップ」を取りたいなら、このような一方的でステレオタイプなラベルづけをしてはいけません!盗人にも5分の魂。太平洋戦争でアメリカが日本をつぶさなかった「梅ちゃん先生」の時代を描いている放送局がすることではありません!
--- NHKだけで一方的なラべリングができるわけではないですね!でも、それぞれの立場の人が、その意に沿った、仕事をされているから、こうなるわけです。(善意に考えて、疑問も持ちながらも、たぶん)流されるように、それが正しいと思い込むようにしながら、「〔市民への弾圧が続く〕シリア」とだけ放送してしまう。論理的ではなく、その場の空気で、その内輪の人たちの空気で仕事をして、こうなっている・・・・それが、ムラをつくって、危険な状態までいってしまっても、とまれない社会をつくりだしてしまう。太平洋戦争も、フクイチ以後も!これはシリアだけの話ではなくて、日本にとって、まず大きな思考と行動の問題です。アメリカに流されるように動いて、アメリカのいうようにお金を出して・・・その結果は?
2012.3.21 NHK 1時のニュース 「国連の対シリア活動へ追加拠出」 「日本政府は、国連に対し、ほかの加盟国に先駆けて資金の追加拠出を行いました」と、お金の足りないといっている日本国政府が、どうして、こういうことには早く動けて、「お金」がだせるのでしょう?とても不思議な話です! 米国のイラン制裁措置の日本適用除外と取引だったのでしょうか?

|

2012.5.15 NHKのラベル付 「〔市民への弾圧が続く〕シリア」 ・・・ 「シリア」だけ言えばいいのに、必ず〔市民への弾圧が続く〕をつけるNHK。「世界平和のリーダーシップ」を取りたいなら、このような一方的でステレオタイプなラベルづけをしてはいけません!盗人にも5分の魂。太平洋戦争でアメリカが日本をつぶさなかった「梅ちゃん先生」の時代を描いている放送局がすることではありません!

シリア側の意見はまったく放送されません。
このような放送局は、旧ソ連や以前の中国だけではないのですね!
日本も、特にNHKは!

|

2012.3.21 NHK 1時のニュース 「国連の対シリア活動へ追加拠出」 「日本政府は、国連に対し、ほかの加盟国に先駆けて資金の追加拠出を行いました」と、お金の足りないといっている日本国政府が、どうして、こういうことには早く動けて、「お金」がだせるのでしょう?とても不思議な話です! 米国のイラン制裁措置の日本適用除外と取引だったのでしょうか?

国連の対シリア活動へ追加拠出
3月21日 11時18分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120321/k10013861261000.html

シリアのアサド大統領に対し、市民への弾圧をやめるよう説得を続けている、アナン前国連事務総長の活動などを支えるため、日本政府は、国連に対し、ほかの加盟国に先駆けて資金の追加拠出を行いました。

国連では、年間およそ4000万ドル(日本円で33億円余り)を、世界各地での紛争予防や和平調停などの政治的な活動に充てています。
しかし、「アラブの春」と呼ばれる中東の民主化運動を受けて、国連の活動範囲が広がり、資金不足が生じたことから、国連は各国に追加の資金拠出を呼びかけました。
これを受けて、日本政府は20日、国連が呼びかけている拠出額全体の10分の1に当たる160万ドル(日本円で1億3000万円余り)の追加の資金拠出を行いました。
資金は、シリアのアサド大統領に対し、市民への弾圧をやめるよう、国連などの特使として説得を続けている、アナン前国連事務総長の活動を支えるために使われるほか、イエメンなどの中東諸国、さらにネパールやスリランカでの和平に関する活動に使われることになっています。
日本の資金拠出は、全加盟国の中で最も早く行われたということで、国連の政治問題担当のパスコー事務次長は、「日本の協力は、平和と安全分野における国連の能力を強化するために重要だ」というコメントを発表し、各国に資金拠出に応じるよう促しました。

|

2012.2.9 NHK おはよう日本 「中国 労働者最低賃金を5年間で80%引き上げをうちだし、現地に進出している日本企業などの負担の増加になるなどという懸念が出ています」 ⇒ 中国で働く人の賃金上昇がいいこととは報道しないNHK しかも誰が懸念しているのかがわかりません。イラクやシリアでは人権だけを報道するNHKが中国では触れることがないのです!

|

2011.10.5 NHKお昼のニュース 1.国交省が背面飛行のエアーニッポンに指示(指示?) 2.復興増税案 3.自公幹事長ら会談 4.連合定期大会 会長無投票挙手信任のみ 事務局長は電力総連南雲弘行さん再任 5.南三陸町防災行政無線復旧作業(この報道目的が?) 行政図書館会館 6.岩手県産新米 7国連シリア決議露中拒否権 8イタリア国債3段階引き下げ

1.国土交通省 航空局長 長田太さん 
エアーニッポン 社長 内薗幸一さん

2.
衆議院特別委員会

総理大臣 野田さん
増税の期間は野党側の意見も踏まえ決定したい
復興機関と償還期間が整合的な方がいいのではと10年を基本という形で
(朝霞は10年になぜしないのでしょう?)

細野さん

除染の方針
・2年間で年間推定被ばく線量をおおむね60%減少した状態を実現する
・学校や通学路や公園のような公的な施設についてはこれはもう徹底して除染をしますので
・加えて、これだけではなかなか6割というですね、あの、数字を達成するのはおそらく難しかろうと思っておりまして、個人のご自宅も、私は、個人のご自宅も、除染の対象として例外にすべきではない、

(細野さんの言葉にはいつも期待をして裏切られてきたという思いがあるんです!すぐには信じられないですね!)

野田さん:早期解散を改めて否定

3.
民主との幹事長会談応じることで一致
民主を含めた3党協議で、3次補正、復興増税案の詳細を明らかにするよう求める方針を確認
(自公の情報提供)


|

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国交省 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚に取り込まれるというのはこういうことですか? | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 急ピッチ | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 教育の形でも流れをつくるNHK | 新自由主義 | 日本語を大事にしてきたNHKが「プレミアム」路線に。官僚の英語由来カタカナ語シフトに続く広告代理店主導でしょうか? | 明日を感じる話 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 食材検査 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ