サイバー補導 だそうです わかりやすくやりやすい仕事は積極的に宣伝する警察

|

NHK;2度に渡って襲撃していることから強い殺意があったとみて警視庁が捜査中とNHKが報道 そんなことをニュースで繰り返す必要ないでしょう 死なせてしまったのですから 守らなかった警察が「犯人が凶悪犯という印象の情報」で自らの落ち度を隠そうとしている、そう聞こえます

|

2012.10.11木NHK深夜のNEWSWeb24三重の事件について冒頭〔ウイルスは特定の掲示板に書き込みを行う高度なものでした〕、テロップは〔PC遠隔操作ウイルスは新種〕⇒高度、新種です。それで誤認逮捕の正当化?たまったものではありません。昨日から、<警察や検察がわからなくてもしかたがない>というトーンのニュースが流されています 

常に今までにないウイルスが問題になる世界です。
警察や検察がそんなことで、いいのでしょうか?
そういえば、防衛省が、陸海空に加え「サイバー」を第4の防衛にするという報道もありました。

だいじょうぶでしょうか?

自衛隊は、本来の業務ではなくて、災害復興支援でとても役立ってくれていますけれど
サイバーは、本来の業務ではない、別の支援で、官僚を支援し、<官僚のいう〔国民〕>を敵に回したりしないでしょうね?

警察でも、京都の先生のWinny事件というのがありました。
最先端の事件として検挙しながら、無罪でした。

そのことはあまり伝えないのが官僚報道です

実際に、サイバーというわからない言葉を前に、恐怖だけを報道する
そんな前時代的なメディアです。

時代にあった解説をしない、
とってもおかしいですね。

|

2012.9.28金NHKおはよう日本5時9分〔岡山県警察署の54歳の警部補が捜査書類放置し19の事件をすべて時効にしてしまった〕⇒名前をださない報道。身内に甘い報道。

|

2012.8.29水NHK午後3時のニュース〔大阪府警 不祥事相次ぎ 緊急会議で再発防止指示〕⇒犯罪を小さく見せる表現「不祥事」

|

2012.8.22 いじめゼロこどもサミット 香川県 ⇒『いじめゼロ』って警察の標語のような印象です。見ると

NHKニュースウォッチ9 大越さん:〔自らが企画し運営したこのサミット〕

香川県内の小中学生がいじめ問題について討論する「いじめゼロ子どもサミット2012」(県教委主催


http://www.pref.kagawa.lg.jp/kenkyoui/gimu/gimu/seitosidou/ijimezero/index.html
「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成22年8月、23年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。ここではセミナーにおける実行委員会の取組を紹介します。」とはじまっているページです。(23年8月ではなくて24年8月ですね。)

「思いやり戦隊フレンジャー」があり、「キャラクターデザイン・作詞 いじめゼロ子どもサミット実行委員」とも。キャラクターや歌にお金をかけるのは、前時代的なやりかたですね。広告代理店などにお金がまわる仕組みです。

このページには「このサミットは県内小中学校の代表の児童生徒が主体となって、企画から運営まで、子どもたちの手でつくり上げたものです。」とあります。


四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/education/20120823000179
では


目指そう「いじめゼロ」/高松で子どもサミット

2012/08/23 09:46

グループごとに分かれ、いじめをなくすためにできることについて話し合う生徒=香川県高松市玉藻町、アルファあなぶきホール

 香川県内の小中学生がいじめ問題について討論する「いじめゼロ子どもサミット2012」(県教委主催)が22日、香川県高松市玉藻町のアルファあなぶきホールで開かれた。参加した児童生徒は「いじめはいけないこと」という認識を深めるとともに、いじめをなくすために自分たちにできる取り組みについて話し合った。

 サミットは09年以来2度目の開催で、県内の小中学生でつくる実行委員会の38人が企画運営。今回は、小中学生や教員、保護者ら計約700人が参加した。

 小学生、中学生に分かれて行うグループ会議では、いじめをなくすための取り組みについて討論。「あいさつ運動でコミュニケーションを図る」「ボランティアなど人に尽くす喜びがいじめを生まない雰囲気づくりにつながる」といった意見が交わされた。

 また、実行委員が報道陣からの質問に答える記者会見にもチャレンジ。「いじめ問題について、先生や大人たちに期待することは」といった難しい質問にも「誰もが相談できる環境づくりをしてほしい」などと答えていた。同席した細松英正県教育長は「励ましたり助け合ったりできる友達をたくさん増やして」と訴えかけた。

 締めくくりには、実行委員の真鍋亜採加さん(14)=長尾中3年=が「いじめを止めるには大きな勇気が必要。いじめで苦しむ人がいなくなるよう一緒に頑張ろう」と宣言。サミットを受けて、各学校でいじめ撲滅に向けて取り組むことを決めた。


「いじめ撲滅」も警察の標語のように感じます。
とても、生徒児童主体とはおもえません。

大津事件で多くの人があらためて確認したのは、「いじめ」は「なくす」ものではなく、「常にあるもの」で、「それにどう取り組むか」が問われているということでした。
原発安全神話と同じです。
「いじめをゼロ」と言い始めるからこそ、いじめをみなくなってしまうということでした。

四国新聞には「サミットは09年以来2度目の開催」とあります。
香川県教育委員会のページでは「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成22年8月、23年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。」と、3回やっているように読めます。たぶん、「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成24年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。」が事実なのでしょう。ちゃまがやっているような頼りなさと同じような県教育委員会の情報掲示能力ですね。

|

2012.8.17 NHKニュース7でいじめ問題(大津市問題が警察捜査となり全国でも警察に依頼が10件余と増えている)と報じたのですけれど、なぜか「ネットがいじめを広げかねない」というメッセージに変わり、「識者の意見」(映像)で「ネットといじめ」(の部分だけ編集して・たぶん!)。その後NHKがどうまとめるのかと思っていたら・・・全くなく、すぐに別のニュースに。不思議です。これはまた『いじめ』をテーマにした「ネット利用への制限」など、何か事業を考えているように思えます。ネットに出たいNHKも絡んでいるの?

なぜか、事あるたびに、いじめ問題の話が、ネットの問題にすり替えられています。
きょうも、話の流れが、まったく筋が通っていませんでした。
とっても不思議。
いろいろな省庁が、ネットで事業化したいようですし・・・
結局、いじめのことなど真剣に考えていないで
自分たちの利権の事業のことを考えているとしか思えないのです。

こうやって、なんどもなんども繰り返しメッセージすることで
機運を醸成して
いいかえると、そういう空気を作って

そのうちに、
いじめが広がらないように対策するための子供のためのネットワーク事業
とか
そういうものが、打ち出されてきますよ
きっと

それもこれも、
消費増税が通り、
「社会保障」という名前のもとに
「子ども育成」に関係するのであれば、OK
ということで、世間に受け入れられやすい事業化の柱を
いくつも見繕っている
そんな風に
ように思えてなりません。

震災対応もどこへ?
財政健全化もどこへ?
財政健全化などしてしまったら、恒久的な増税の必要がなくなりますよね。
恒久的なお役人の高級待遇ができなくなりますから、ありえないのでしょう。
そういう考えのお上のお役人を取り換えられないという制度を変えることが一番ですね。

勝財務次官はすぐに身を隠されるそうですし。

|

2012.8.16 NHKニュースウオッチ7〔針金加工し首を絞めようと計画した? 大津市教育長を襲った事件で〕⇒続報がまったくありません。

|

2012.8.3 金 NHKおはよう日本 6時22分 「いじめ防止 子供のサインに気づくには」 先生の研修会が開かれた ⇒ 「気づく」という言葉は東大話法的な「すり替え」ですね。「組織だった隠ぺいをなくすには」ではなくては間違いの上に間違いを重ねてしまいます。わかってやっているとしか思えません。

|

2012.5.24 NHK おはよう日本 〔被災地の警察官らの4%、400人余にPTSDの疑い、総務省は対策に〕と報道。でも、被災3県の一般住民のPTSD調査は? 身内だけ手厚い対応の官僚組織の報道でした

1万人対象調査 408人に 眠りが浅い 些細なことでイライラ


2011.11.23 文科省調査:精神疾患休職の教諭 18年ぶり減
と成果を強調しながら、まだまだと天下り利権も強調する文科省広報部門。メンタルヘルスを厚労省に渡さず独自に行う文科省。

|

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 新自由主義 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ