2013.12.16月 離島9島への雨量計増設に2億7千万円 補正予算 補正予算のいいかげんな査定

雨量計増設に 2億7千万円 補正予算

|

NHKの「ベアアップ」報道への力の入れ方は何かあります。きっと、大企業平均を上げて、下げなさいと言われている公務員の賃金との差をアピールして、公務員賃金を上げるのが実際の目的でしょう。公務員第一の公共放送です 公共放送とは「公」務員「共」済の「放送」ですね 受信料ではなく共済組合費でまかなってください

|

2013.10.31 朝日新聞 イラク戦支持の根拠巡り「誤った」 元内閣官房副長官補(小泉政権から麻生政権まで官邸で安全保障政策を取り仕切ってきた。それ以前は防衛省官僚で現在はNPO国際地政学研究所理事長)

http://www.asahi.com/articles/TKY201310310109.html

イラク戦支持の根拠巡り「誤った」 元内閣官房副長官補

2013年10月31日14時00分

印刷
メール

 柳沢協二・元内閣官房副長官補は31日午前、衆院国家安全保障特別委員会での参考人意見陳述で、小泉政権が米国のイラク戦争を支持した根拠の一つだった大量破壊兵器の存在について「私も間違えていたが、当時みんなが間違えていた。政策決定者の方向性に情報サイドが引っ張られた。そうならないように気をつけていかなければならないというのが、最大の教訓だ」と認めた。

 柳沢氏は小泉政権で、防衛庁官房長、防衛研究所長、副長官補を務め、首相らに情報を報告していた。大量破壊兵器は、当時の小泉純一郎首相が「フセイン大統領が見つかっていないからと言って、存在しなかったということはない」と国会答弁したが、その後も確認されていない。

 また、柳沢氏は政権に提供する情報に関連し、特定秘密保護法案と国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案について「秘密保護と情報提供義務は表裏一体の関係。(閣僚がNSCに提供する)情報の中には国の安全上、秘匿すべきものが含まれている。それを理由に政策決定のプロセスが一切公表されない恐れがある」と指摘した。

 柳沢氏は「危機管理の事案、政策決定に関して議論したことの概要を、定例的に公表することをぜひ考えてほしい」と要請。公表できる特定秘密の範囲について「何が秘密かは神学論争的になりがちだが、『説明(公表)のために必要な範囲のことは特定秘密ではないだろう』という相場観が与野党やメディアの間に共通認識として出来上がっていく」とも述べた。

|

NHK ステマ 四国お遍路 キャンペーン 誰に頼まれてやっているのでしょう?

情報まるごとでやっていました

だれかに頼まれてやってるのであれば、それを明確にしてやらなければ、それはステルスマーケティング

ステマです


|

2013.10.27 NAVARまとめ 東電の社長・会長も海外に逃走 東電のあの人は今どこへ?国民が知らないうちに海外逃走!勝俣恒久、清水正孝

http://matome.naver.jp/odai/2131287268645378701

"東電の勝俣恒久会長、清水正孝社長など海外に逃走"

出典:濱田仁彦 - 東電のあの人達は今!勝俣恒久会長 →日本原子力発電の社外取締役に再任(現在家族と共に海外在住)... | Facebook(https://www.facebook.com/hamada.yoshihiko/posts/589550671088297)

勝俣恒久会長
 →日本原子力発電の社外取締役に再任(現在家族と共に海外在住)
 
清水正孝社長
 →関連会社・富士石油の社外取締役に天下り (現在家族と共に海外在住)
 
 武井優副社長
 →関連会社・アラビア石油の社外監査役に天下り(現在家族と共に海外在住)
 
 宮本史昭常務
 →関連会社・日本フィールドエンジニアリングの社長に天下り(現在家族と共に海外在住)
 
 木村滋取締役
 →関連会社・電気事業連合会の副会長に再任(現在家族と共に海外在住)
 
 藤原万喜夫監査役
 →関連会社・関電工の社外監査役に再任(現在家族と共に海外在住)

|

2013.10.24木 10.25金 玄海原発で問題となった自治省出身佐賀県 古川康 知事がAKB48のフォーチュンクッキーを踊っているビデオが明るい話題としてテレビで取り上げられる不思議 フジテレビのよいしょマーケティングなのか指示されての宣伝番組なのか 原発で負ったマイナスを払拭するチャンス この間軽自動車増税問題でも反対で会場に登場していて不思議でした 実は地方の顔をした中央官僚

ググったら・・・

日刊ゲンダイは「公金でやっていた」と非難

ところが、フジテレビ、では 「たった50万円で3億円の効果」と、佐賀県知事を持ち上げる




http://news.livedoor.com/article/detail/8173884/

日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイ
AKBダンス動画に税金50万円 佐賀県知事に批判の声
 最近、人気者に便乗して目立とうとする首長が多いが、ここにもいた!佐賀県知事である。

 佐賀県が作った動画「恋するフォーチュンクッキー佐賀県庁Ver.」が批判を浴びている。古川康知事を筆頭に、県庁の職員らがAKB48のヒット曲に合わせてノリノリで踊っている動画だ。YouTubeの閲覧数は、先月9日に公開後、1カ月半で約135万回に達している。佐賀県庁に聞いた。

「知事がAKBのサイトを見たのがキッカケです。アイドル好きの職員が『この曲は音頭みたいで踊りやすいから、私たちでも出来るかも』と提案。すぐにAKB側に許可申請をし、公開まで20日間で仕上げました。撮影は3~4日で、県庁の約60部署の職員が出演してます。“地元に帰りたくなった”と好意的な声が多いのですが、たしかに“踊っている場合じゃない”とお叱りもあります……」(文化課担当者)

 批判を浴びているのは、50万円の“税金”を使って動画を作っていることだ。それでなくても、古川知事は、かつてピン芸人の「はなわ」のプロモーションビデオにも出演し、「売名行為だ」とバッシングを受けている。

 今回、「恋する――」に自ら出演したのは、「九電やらせメール問題」で県民に広まった黒いイメージを払拭するためだとみられている。

「九電のやらせメール問題で、騒動の発端となったのが知事です。知事はラ・サール高、東大法、自治省(当時)とエリートで、プライドが高く目立ちたがり屋です。父親が九電の社員だったこともあり、原発と深く関わっている」(地元関係者)

 どうしてもAKBを踊りたいなら、せめて“自腹”で動画を作ったらどうだ。

|

2013.10.25金おはよう日本 ドイツ メルケル首相の携帯電話をアメリカが盗聴の可能性で、また「容疑者」をつけてスノーデンさんを報道するNHK

|

2013.10.19土おはよう日本 「ハラル認証」の大プロモーションが何度も繰り返しされています きょうも まだ新設の観光庁 利権つくりと思えます 外務省も絡んでいそうです それを手伝うNHK TPPならハラル認証も誰が行ってもいいはずです 一社を強調する公共放送

|

2013.10.18金おはよう日本 伊豆大島 「懸命の捜索活動が続きます」 ⇒ 捜索活動に『懸命』が枕詞 《活動している方が手を抜いていないことを強調》して報道するNHK 実は捜索活動が思うよりも進んでいないことの裏返しで、《悪い印象を与えない報道姿勢》 これを《中立公正》とはいいません NHKの公共放送とは行政放送、行政広報という意味だとわかります

|

2013.10.17木NHKニュース7 気象庁 羽鳥光彦長官 「運用面で可能な範囲で改善につとめていきたい」 ⇒ 『手段が可能な範囲で目標設定する』 やれる範囲でやります 本末転倒な話を平気でしているんです 日頃からそういう発想なのでしょう

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり | NHK | Panasonic | TBS ひるおび! | 「ものづくり日本」は「高度成長期ノスタルジー」から離れられない産官学の夢? | いいと思えた | おねだりや宣伝 | お上が支配する日本社会 | お役所仕事 | なぜか急な会計検査院の活動報道 | ひとりごと | もうできているように聞こえる報道(本当はできないかもしれないのに) | カタカナなら格好がつくと思っているひとたち | ガイアの夜明け | ガン(厚労省) | シリア/報道/コメント | ストロンチウム報道 | フジテレビ | マジック | マスコミといわれる人たちの悪い習慣 | メイドインジャパン神話 | 不祥事 | 世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから | 全体主義 | 勝栄二郎財務事務次官 | 博報堂 | 原子力村 | 原発事故 | 問題を小さく見せようとする論法 | 国交省 | 国家マーケティング | 地震 | 報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ | 報道ステーション | 増税の理由 | 大きく報道されないニュース おかしな日本の報道 | 大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件 | 妊娠子供(厚労省) | 官僚に取り込まれるというのはこういうことですか? | 官僚の事業でないと報道されない? | 官僚グループだから? | 官僚国家 日本? | 強者の意見の代弁 | 急ピッチ | 所属優先 | 押さえのきかないやりたい放題 | 政治家は地元優先?だから国家は官僚に任せてる?それとも考えられない? | 政治評論家 | 教育の形でも流れをつくるNHK | 新自由主義 | 日本語を大事にしてきたNHKが「プレミアム」路線に。官僚の英語由来カタカナ語シフトに続く広告代理店主導でしょうか? | 明日を感じる話 | 東大話法 | 横須賀市 | 歴史を都合よく書き換えようとするマーケティング | 消費者庁 | 消費者庁の対象外?NHKの営業戦略 - 別契約が必要なことを伏せて宣伝して受信料増? | 産経新聞 | 精神疾患(厚労省) | 総務省総合通信基盤局長、桜井俊 | 自動車以外のことを発想しない街づくりを当然とする人たち | 警告 | 警察 | 転んでもただでは起きない官僚? | 農林水産省 | 長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関? | 防衛省 | 霞が関文学 | 食材検査 | 首尾一貫しない都合で変わる理由づけ