« 2012.8.17金 財務次官 勝栄二郎さん 退職(官僚用語では退官) | Main | 2012.8.23木NHKおはよう日本「厚労省 がん患者3人に1人が退職や移動」・・・ガン関連事業を細分化しようとする厚労省のキャンペーンがつづいています。このテーマ「雇用者とガン」も今年ずっとつづいています。 »

2012.8.22 いじめゼロこどもサミット 香川県 ⇒『いじめゼロ』って警察の標語のような印象です。見ると

NHKニュースウォッチ9 大越さん:〔自らが企画し運営したこのサミット〕

香川県内の小中学生がいじめ問題について討論する「いじめゼロ子どもサミット2012」(県教委主催


http://www.pref.kagawa.lg.jp/kenkyoui/gimu/gimu/seitosidou/ijimezero/index.html
「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成22年8月、23年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。ここではセミナーにおける実行委員会の取組を紹介します。」とはじまっているページです。(23年8月ではなくて24年8月ですね。)

「思いやり戦隊フレンジャー」があり、「キャラクターデザイン・作詞 いじめゼロ子どもサミット実行委員」とも。キャラクターや歌にお金をかけるのは、前時代的なやりかたですね。広告代理店などにお金がまわる仕組みです。

このページには「このサミットは県内小中学校の代表の児童生徒が主体となって、企画から運営まで、子どもたちの手でつくり上げたものです。」とあります。


四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/education/20120823000179
では


目指そう「いじめゼロ」/高松で子どもサミット

2012/08/23 09:46

グループごとに分かれ、いじめをなくすためにできることについて話し合う生徒=香川県高松市玉藻町、アルファあなぶきホール

 香川県内の小中学生がいじめ問題について討論する「いじめゼロ子どもサミット2012」(県教委主催)が22日、香川県高松市玉藻町のアルファあなぶきホールで開かれた。参加した児童生徒は「いじめはいけないこと」という認識を深めるとともに、いじめをなくすために自分たちにできる取り組みについて話し合った。

 サミットは09年以来2度目の開催で、県内の小中学生でつくる実行委員会の38人が企画運営。今回は、小中学生や教員、保護者ら計約700人が参加した。

 小学生、中学生に分かれて行うグループ会議では、いじめをなくすための取り組みについて討論。「あいさつ運動でコミュニケーションを図る」「ボランティアなど人に尽くす喜びがいじめを生まない雰囲気づくりにつながる」といった意見が交わされた。

 また、実行委員が報道陣からの質問に答える記者会見にもチャレンジ。「いじめ問題について、先生や大人たちに期待することは」といった難しい質問にも「誰もが相談できる環境づくりをしてほしい」などと答えていた。同席した細松英正県教育長は「励ましたり助け合ったりできる友達をたくさん増やして」と訴えかけた。

 締めくくりには、実行委員の真鍋亜採加さん(14)=長尾中3年=が「いじめを止めるには大きな勇気が必要。いじめで苦しむ人がいなくなるよう一緒に頑張ろう」と宣言。サミットを受けて、各学校でいじめ撲滅に向けて取り組むことを決めた。


「いじめ撲滅」も警察の標語のように感じます。
とても、生徒児童主体とはおもえません。

大津事件で多くの人があらためて確認したのは、「いじめ」は「なくす」ものではなく、「常にあるもの」で、「それにどう取り組むか」が問われているということでした。
原発安全神話と同じです。
「いじめをゼロ」と言い始めるからこそ、いじめをみなくなってしまうということでした。

四国新聞には「サミットは09年以来2度目の開催」とあります。
香川県教育委員会のページでは「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成22年8月、23年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。」と、3回やっているように読めます。たぶん、「平成21年度の「いじめゼロ子どもサミット」を受け、平成24年8月に「いじめゼロ子どもサミット2012実行セミナー」を開催しました。」が事実なのでしょう。ちゃまがやっているような頼りなさと同じような県教育委員会の情報掲示能力ですね。

|

« 2012.8.17金 財務次官 勝栄二郎さん 退職(官僚用語では退官) | Main | 2012.8.23木NHKおはよう日本「厚労省 がん患者3人に1人が退職や移動」・・・ガン関連事業を細分化しようとする厚労省のキャンペーンがつづいています。このテーマ「雇用者とガン」も今年ずっとつづいています。 »

NHK」カテゴリの記事

おねだりや宣伝」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

大津市皇子山中学暴行恐喝自殺教唆、もしかしたら他殺かもしれない事件」カテゴリの記事

教育の形でも流れをつくるNHK」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事