« 原子力ムラの反撃でしょうか?2012.8.29水ロイター「原発比率「15%妥当」が4割、ゼロは2割」、それをそのまま日本商工会議所が掲載したのをニュース欄にのせるGoogle | Main | 2012.9.2日NHKニュース〔厚労省 市販薬 副作用の疑い 5年間で24人死亡〕⇒「年5人弱」?交通事故死亡と比較したらその優先順位は?国家行政の発表ならすぐ広報報道するNHK »

2012.8.31 NHKニュースで環境省(大臣細野さん)の〔風力発電などの長期戦略公表〕で「全体に必要なコストが示されていないほか、発電施設の設置には地元からの反発も予想され、実現に向けては多くの課題が残されています」と霞が関文学/東大話法で官僚(特に財務省?)の意見をさしはさんだNHK

風力発電などの長期戦略公表
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120831/k10014679531000.html
8月31日 13時36分


再生可能エネルギーの必要性が高まるなか、環境省は洋上風力やバイオマス、それに地熱と海洋エネルギーの4つの分野の発電量を2030年にこれまでのおよそ6倍に拡大する新たな長期戦略をまとめ、31日、公表しました。

これは31日、細野環境大臣が記者会見で公表したものです。
それによりますと、2010年度と比べた2030年時点の発電量の目標を、洋上風力発電で267倍に当たる803万キロワット、バイオマス発電で2.5倍に当たる600万キロワット、地熱発電で7倍の388万キロワットに引き上げるほか、まだ発電の実績がない海洋エネルギーについては150万キロワットに増やすことを目指すとしています。
これらの4つの分野の再生可能エネルギーの発電量を合わせると1941万キロワットで、2010年度の296万キロワットのおよそ6倍となります。
具体的には、洋上風力発電では日本に適しているとされている、海に浮く「浮体式」タイプの拡大に力を入れるほか、地熱発電では既存の施設の発電効率を上げるための技術開発を進めるとしています。細野大臣は「この4つの電源は飛躍的な拡大が望まれるものなので、しっかりと育てていきたい」と話しました。
しかし、31日に示された目標には、全体に必要なコストが示されていないほか、発電施設の設置には地元からの反発も予想され、実現に向けては多くの課題が残されています。

|

« 原子力ムラの反撃でしょうか?2012.8.29水ロイター「原発比率「15%妥当」が4割、ゼロは2割」、それをそのまま日本商工会議所が掲載したのをニュース欄にのせるGoogle | Main | 2012.9.2日NHKニュース〔厚労省 市販薬 副作用の疑い 5年間で24人死亡〕⇒「年5人弱」?交通事故死亡と比較したらその優先順位は?国家行政の発表ならすぐ広報報道するNHK »

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

マスコミといわれる人たちの悪い習慣」カテゴリの記事

世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

勝栄二郎財務事務次官」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

大きく報道されないニュース おかしな日本の報道」カテゴリの記事

官僚に取り込まれるというのはこういうことですか?」カテゴリの記事

官僚グループだから?」カテゴリの記事

官僚国家 日本?」カテゴリの記事

東大話法」カテゴリの記事

転んでもただでは起きない官僚?」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事