« 孤独死と孤立死 どうして今、報道が過熱しているのでしょうか?とても参考になる小辻寿規さん、小林宗之さんの論文を見つけました! | Main | つづき・・・被ばく限度の20分の1ですよ!被ばく限度というのは限界値です!その20分の1もの放射線を東京の人があびた!というデータなのです!東京の人でも、赤ちゃんでも福島の放射線の影響を浴びたことがデータとして確認された!というニュースとはしないで、NHKの報道は、安全基準値以下だった!よかったですね、というトーンなんです! »

2012.3.12 首都圏ニュース 18:17で「東京に住む人が水や食品の摂取によって受けた放射線量は、一般の人が浴びても差し支えないとされる値の20分の1程度とする試算がまとまりました」とはじまりました。誰が試算したのかは都民インタビューでの安心の後。〔原発事故当時の安全のスタンスのままの、まず、なによりも日本は安全!という姿勢での報道姿勢のままです〕 東大の講師レベルの方の一つの試算だけでこれだけの報道は?です!複数検証するという姿勢もまったくありません。官僚の思惑⇒東大の裏付け⇒NHK広報ですか?

“都民が受けた放射線量”試算

3月12日 18時7分

“都民が受けた放射線量”試算

東京電力福島第一原子力発電所の事故で東京に住む人がこの1年間に水や食品の摂取によって受けた放射線量は、一般の人が浴びても差し支えないとされる値のおよそ20分の1だったとする試算を東京大学の研究グループがまとめました。

東京大学の村上道夫特任講師らの研究グループは、福島第一原発の事故のあと、東京に住む人が水や食品の摂取によって受けた放射線量を国や自治体が行った検査データなどを基に試算しました。
その結果、暫定基準値を超える食品の出荷制限が始まった去年3月21日から1年間に受けた放射線量は、乳児で0.048ミリシーベルト、幼児で0.042ミリシーベルト、大人で0.018ミリシーベルトと推定されるということです。
放射性ヨウ素の影響を受けやすい乳児では、一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる値のおよそ20分の1でした。
試算では、乳児の場合、一生のうちにがんになる人は10万人当たりで3人増える計算で、ディーゼル車の排気ガスに含まれる粒子状物質のリスクをやや下回るということです。
研究グループでは、さらに暫定基準値を超える食品の出荷制限などの効果を検討した結果、乳児で44%、幼児で34%、大人で29%、それぞれがんになるリスクを低減したとしています。
乳児の低減効果のうち8%は東京都が行ったペットボトル入りの水の配布によるものだということです。
試算を行った村上特任講師は、「食品の出荷制限などは、一定の効果があったと考えられるが、実施のコストや農業に与える影響に見合ったものかどうかは検証する必要がある。こうした試算結果を基に社会として許容できるリスクを議論することが大切だ」と話しています。

その直前の6時の全国ニュースでは

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120312/k10013664001000.html


“都民が受けた放射線量”試算

3月12日 18時7分


東京電力福島第一原子力発電所の事故で東京に住む人がこの1年間に水や食品の摂取によって受けた放射線量は、一般の人が浴びても差し支えないとされる値のおよそ20分の1だったとする試算を東京大学の研究グループがまとめました。

東京大学の村上道夫特任講師らの研究グループは、福島第一原発の事故のあと、東京に住む人が水や食品の摂取によって受けた放射線量を国や自治体が行った検査データなどを基に試算しました。

その結果、暫定基準値を超える食品の出荷制限が始まった去年3月21日から1年間に受けた放射線量は、乳児で0.048ミリシーベルト、幼児で0.042ミリシーベルト、大人で0.018ミリシーベルトと推定されるということです。

放射性ヨウ素の影響を受けやすい乳児では、一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる値のおよそ20分の1でした。

試算では、乳児の場合、一生のうちにがんになる人は10万人当たりで3人増える計算で、ディーゼル車の排気ガスに含まれる粒子状物質のリスクをやや下回るということです。

研究グループでは、さらに暫定基準値を超える食品の出荷制限などの効果を検討した結果、乳児で44%、幼児で34%、大人で29%、それぞれがんになるリスクを低減したとしています。

乳児の低減効果のうち8%は東京都が行ったペットボトル入りの水の配布によるものだということです。

試算を行った村上特任講師は、「食品の出荷制限などは、一定の効果があったと考えられるが、実施のコストや農業に与える影響に見合ったものかどうかは検証する必要がある。こうした試算結果を基に社会として許容できるリスクを議論することが大切だ」と話しています。

|

« 孤独死と孤立死 どうして今、報道が過熱しているのでしょうか?とても参考になる小辻寿規さん、小林宗之さんの論文を見つけました! | Main | つづき・・・被ばく限度の20分の1ですよ!被ばく限度というのは限界値です!その20分の1もの放射線を東京の人があびた!というデータなのです!東京の人でも、赤ちゃんでも福島の放射線の影響を浴びたことがデータとして確認された!というニュースとはしないで、NHKの報道は、安全基準値以下だった!よかったですね、というトーンなんです! »

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

世界をリードしない、いつまでも後進国なのは官僚国家なのに官僚は責任を持たないから」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

原子力村」カテゴリの記事

原発事故」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

官僚に取り込まれるというのはこういうことですか?」カテゴリの記事

官僚国家 日本?」カテゴリの記事

強者の意見の代弁」カテゴリの記事

東大話法」カテゴリの記事

転んでもただでは起きない官僚?」カテゴリの記事

長いものに巻かれる報道?それとも官産学の広報機関?」カテゴリの記事

食材検査」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事