« 2012.2.23 NHK 夕方6時のニュース 英テレビジャーナリズム賞 王立テレビ協会の審査員賞にNHKの震災報道 「これまでに中東のテレビ局のジャーナリストが受賞したのみ」と紹介するNHK ⇒ それだけ今回の震災が世界的に関心を持たれている大きな災害だったということです。そういうことを伝えず、「日本の放送局では初めてです」と結ぶのは、『受賞』の意味を〔履き違えている〕のではないでしょうか? | Main | 2012.2.23 首都圏ニュースとニュース7 「大規模災害時」 データ通信活用 声で安否確認 開始へ NTTドコモ ⇒ »

2012.2.23 首都圏ニュース 首都圏センター配属の岡村純子さんのレポートで「多摩市の特別養護老人ホームで大きな地震の訓練」⇒これも、おかしなリポート(報告)でした!

18:23から 多摩市の特別養護老人ホームで大きな地震の訓練
ちゃぷたー訓練は震度5強の地震が起きガスや電気が通じなくなったという想定で行われました
訓練のポイントは「食事を提供するか」(大きな赤枠白文字のテロップ)
ナレーション「非常食を見直し 調理せずそのまま食べられるものに」
ナレーション「介護職員は慣れない非常食の準備に戸惑う場面も」
お年寄りの映像と音声「早くしお願いします。早くご飯を」
はじめてだからとまどっています
⇒ 初めてだからしょうがないですよね、それが訓練です。そこを強調するのは、怪しい、何かストーリーを作ろうとしている!と思います

配膳までにかかった時間はおよそ20分
食材を運ぶ順番や、作業の手順などの課題が浮かび上がりました
⇒ 非常時の訓練なのに、おかしいですね!運ぶ順番や、作業手順を課題とするのは、ルーティーンワークであるからこそのはず。ますます怪しい展開です!

訓練に参加したスタッフのインタビュー「いつものと違う雰囲気になるので落ち着かない方が出てきてしまう」
⇒ 非常時の訓練なのに、おかしいですね!いつもと違う雰囲気になるのは当然です!というよりも、いつもと違う雰囲気を作り出すほうが訓練として大切のはずです。何をおっしゃっているのでしょう?

特別養護老人ホーム 加々美俊 施設長 「関係機関と連絡を密にして今回の反省点も踏まえて、食事だけでなく、いろんな防災対策をやっていきたい」
⇒ でました!関係機関。連絡を密にして。というキーワードです。

アナウンサー池田さん「この施設では近く多摩市と防災協定を結んで災害が起きたときにお年寄りを守る対策をすすめることにしています」

 ⇒ このリポートのキーワードは「防災協定」のようです
「防災協定」という言葉、ここ1月の間にかなり聞くようになりました。
今後のお金の使い方は「防災協定」という言葉でマスキングされて背後でどのようなことが実際には行われるようになるのかとか、いままでのお金の流れが新しく「防災協定」という中で行われるようになっていくのかとか、考えてしまったリポートでした。

|

« 2012.2.23 NHK 夕方6時のニュース 英テレビジャーナリズム賞 王立テレビ協会の審査員賞にNHKの震災報道 「これまでに中東のテレビ局のジャーナリストが受賞したのみ」と紹介するNHK ⇒ それだけ今回の震災が世界的に関心を持たれている大きな災害だったということです。そういうことを伝えず、「日本の放送局では初めてです」と結ぶのは、『受賞』の意味を〔履き違えている〕のではないでしょうか? | Main | 2012.2.23 首都圏ニュースとニュース7 「大規模災害時」 データ通信活用 声で安否確認 開始へ NTTドコモ ⇒ »

NHK」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

転んでもただでは起きない官僚?」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事