« 2012.2.1 NHKのニュースのチャプター区切り あまり区切られていません 不思議なことに区切られているのが、たとえば今日のお昼のニュースの衆院予算委員会で、ちょうど仙谷さん、安住さん、野田さんでした。普通のニュースには一つもないのが普通なんです。その上、防衛大臣である田中さんにはありません。新党きづな政調会長の斎藤さん、自民党小池さんにはありません。まるで、ここに収録したので見てくださいとだれかに行っているような気がしてきます。 | Main | 2012.2.1水NHK夜7時のニュース〔日本人の死因で最も多い癌 働く世代でも22万人がガンになっています〕 »

2012.2.1 水 ニュース7で 厚生労働省のプロモーション活動をするNHKとしか思えないニュースがありました

日本人の死因で最も多い癌 働く世代でも22万人がガンになっています
癌になった人のうちの3人に1人が仕事を失っているというデータもあります
働く世代のがん患者が治療と仕事を両立できる仕組み作りに向けて、検討が始まりました

(ここで「というデータもあります」という表現でニュースが始まったことに違和感を覚えました。)

8年前乳がんと診断された桜井なおみさんです
冬至設計事務所で働いていた桜井さん
通院しながらの仕事に事務所の理解が得られず仕事を止めざるを得ませんでした
「病院の中で生きているのではないんですね。社会とつながるということはすごく重要だと思っています。」
自分と同じような経験をしている人がいるのではないか
桜井さんはがん患者やその家族が仕事に就く活動をはじめました
(手紙を映しながらのナレーション読み上げで)
「復職を希望していますが、会社からはよい返事をいただいていません。」
「治療費なども負担になります。」

厚生労働省の研究班の調査では
がんになった人の30%が依願退職し
4%が解雇されているということです
(これが冒頭の「xxxというデータもある」ということですね。
冒頭では、このデータが「たくさんあるうちの一つの調査例」だということを原稿を作る人もわかっているということです。
けれども、ここにくると、このデータが絶対的な理由という形で話がすすんでいます!)

(このあとで、2人の例が提示されます)

桜井なおみさん「病気で見るのではなくて、人と、その経歴とスキルですね、そこだけを見て雇ってもらえるような、そういう仕組みにしていきたいなと。がん患者が活躍できる機会がどんどんふえていけばと思っています」
小児がんも国の対策が大きく遅れています (何と比べて「大きく遅れている」のでしょう?それを言わないと論理的ではありませんね)

横浜市の松田敏雄さんです。
5年前に18歳だった直人さんを小児がんで亡くしました。
直人さんは顔の神経のがんと診断されて、一度は退院しました。
しかし、そのわずか2か月後、別の病院に緊急入院。
神経ではなく、治療法も違う筋肉などのがんであることがわかりました。
直人さんは治療を再開しましたが、1年2か月後に亡くなりました。
松田敏雄さん「最初からそれがわかっていれば、すべての展開が、ちがっていて、えー、うん、よくなったかもしれない」
すごく悔しい思いですね
小児がんは年間2000人から2500人が発症します。
専門の医師や医療スタッフがそろった「拠点となる病院」が必要です。(???それもそうでしょうけれども、そうでなくともできることがたくさんあるでしょう!どうしてそういう結論になるのかわかりません!)

松田敏雄さん「拠点病院を一つ作って病気を熟知した人が診断して判断下すので圧倒的な差が出てくると思います」

松田敏雄さん「重要視して、優先していただきたいですね」
ナレーション「こうした患者や家族の思い。国のがん対策の素案にも初めて盛り込まれました」


働く世代のがん患者が仕事と治療を両立できるように支援していくとともに、小児がんについては、専門の医師やスタッフを集めた拠点病院を5年以内に整備していくとしています

桜井なおみさん「第一歩ですねえ」
「これをここからどれだけ患者のものにしていくかっていうところがすごく大切なので、やっぱり、そこが、きちっと評価もしつつ見守っていくのと、言っていくのと、自分たちがやることをきちんとやっていかないとだめだろうなと思っています。」

ここまでです


結局

働く世代のがん患者が仕事と治療を両立できるように支援していく
小児がんは、専門の医師やスタッフを集めた拠点病院を5年以内に整備していく

ということを厚生労働省が決めた

ということの裏付けを

「国民からの意見できめた」

と言っている活動です。

「国民からの意見できめた」とストーリーをつくっているマーケティング活動

本当にそうなのかどうなのかは、反対意見も含めた多くの議論が提示されていないのでわかりません。

とてもよくできたストーリーです

けれど、それだけに、どんな議論が尽くされて決定したのかが、全く見えません。

政府がやれるのはいいことでしょう。
それはどんなことでも政府がやってくれるのがいいことなのかどうかとは別の話です。

政府がやらなくてもいいことがたくさんあります。
政府がやるときことが拠点病院である必要があるのかどうかということもあります。

その上で、これは、ニュース報道です。
それも夜7時のニュース

この内容がニュースにふさわしいとはおもえないのです。
クローズアップ現代ならまだわかります。

これがニュースで流されるということは、かなり政治、いえ、官僚の宣伝ということだとおもいます。

しかも、全員が賛成しているというよりは、なにか、その流れをどうしても作りたいという意識があるのではないかとおもいます。

全員が賛成しているのなら、そこまで大きくストーリーを作ることは必要ないからです。


|

« 2012.2.1 NHKのニュースのチャプター区切り あまり区切られていません 不思議なことに区切られているのが、たとえば今日のお昼のニュースの衆院予算委員会で、ちょうど仙谷さん、安住さん、野田さんでした。普通のニュースには一つもないのが普通なんです。その上、防衛大臣である田中さんにはありません。新党きづな政調会長の斎藤さん、自民党小池さんにはありません。まるで、ここに収録したので見てくださいとだれかに行っているような気がしてきます。 | Main | 2012.2.1水NHK夜7時のニュース〔日本人の死因で最も多い癌 働く世代でも22万人がガンになっています〕 »

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり」カテゴリの記事

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

ガン(厚労省)」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事