« 「渡辺謙さん ダボス会議に出席してスピーチ」というニュース。始め聞いたときは政治家よりもずっといいと思いました。けれども、よく考えると、政治家から(だれかが)頼まれて、日本人のためにエモーショナルな話をして同情をかってほしい、と仕組まれた話だったらどうしよう、でもありそう、とも思えてきました。 | Main | 福島のマンションから高い放射線量の2012年1月17日 読売新聞 / 東京新聞を読んで日本国政府と官僚の大変重い罪を再確認 »

2012.1.17 NHKが「阪神大震災17年 東北復興を支えたい」というタイトル・・・政府の役割は政府の言うとおりに伝えて、市民は市民として働きなさいというメッセージの宣伝のように思えてしまいます

まず、「東北」という視点を作り出していること
茨城、栃木、千葉、群馬、新潟、長野などの視点がなくなっています。
最近そういった視点がさらに強くなっているように思います。

なぜ「東日本」ではないのでしょう
ここにカギがあるように思います。

NHKなら、復興のために、国家行政的な視点で行うはずですけれども
そうではなくて、
地方行政、市民同士の互助をうながすようなメッセージです

それぞれの村会がそれぞれにおこなうならわかりますけれども
NHKが、日本全体にメッセージするなら、
日本全体の視点で作り出すのが役割だとおもいます

そうではなくて、1月17日のこの日に定めたようなこの番組

やっぱり、国家マーケティングの視点が込められているとおもえます

実際には番組を見てから考えましょう

|

« 「渡辺謙さん ダボス会議に出席してスピーチ」というニュース。始め聞いたときは政治家よりもずっといいと思いました。けれども、よく考えると、政治家から(だれかが)頼まれて、日本人のためにエモーショナルな話をして同情をかってほしい、と仕組まれた話だったらどうしよう、でもありそう、とも思えてきました。 | Main | 福島のマンションから高い放射線量の2012年1月17日 読売新聞 / 東京新聞を読んで日本国政府と官僚の大変重い罪を再確認 »

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

マスコミといわれる人たちの悪い習慣」カテゴリの記事

全体主義」カテゴリの記事

国家マーケティング」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

官僚国家 日本?」カテゴリの記事

強者の意見の代弁」カテゴリの記事