« 2011.12.4 報道ステーションSUNDAY 『むかし・・・東京も”市”と”府”だった』で、現在の居住地が昔の郡にあたる場所にあると語る場所で、おもいっきり笑うスタッフの声・・・これがいまだ放送業界の意識!一国多制度など考えない、都会中心主義の表れだとおもったちゃまでした!放送内容はよかったのに!笑う場所ではないのに!制作に携わる方々の意識が象徴的に表れていました!これでは変われないでしょう!既存放送はそのままで死んでしまうでしょう! | Main | 2011.12.6 日経 明治の粉ミルクからセシウム 規制値は下回る »

2011.12.5 東京新聞 福島第一 汚染水45トン漏れる. 漏れた水は、海水に放出できる基準の約百万倍という高濃度のストロンチウムを含むとみられる。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「たとえ海に到達しても少量で、ほとんど影響ないレベルだ!!!??? 今回の水漏れは、高濃度汚染水の処理システムが六月に稼働して以来、最大。⇒最大で約300リットルに及ぶ可能性とか、150リットルとか、マスコミも小さな報道だけ

福島第一 汚染水45トン漏れる
2011年12月5日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011120502000028.html

淡水化装置の建屋から漏れ、コンクリートのひび割れから流れ出る汚染水=4日(東電提供)
写真

 東京電力は四日、福島第一原発の高濃度汚染水の処理システムのうち、淡水化するための蒸発濃縮装置の建屋内で約四十五トンの水漏れが見つかったと発表した。建屋外にも漏れており、約五百メートル先の海に流れ出た恐れもある。このシステムではストロンチウムは除去できず、漏れた水は、海水に放出できる基準の約百万倍という高濃度のストロンチウムを含むとみられる。

 今回の水漏れは、高濃度汚染水の処理システムが六月に稼働して以来、最大。

 東電によると、四日午前十一時半ごろ、作業員が建屋の床一面に五センチほど水がたまっているのを確認し、装置を停止。放射性セシウムは除去後だったため、表面線量はガンマ線で毎時一・八ミリシーベルト程度。しかし、ストロンチウムが放出するベータ線は毎時一一○ミリシーベルトと高く、水に触れ続けると、やけどのような「ベータ線熱傷」を起こす恐れがある。

 ストロンチウムは、骨にたまり長期間被ばくするため、危険性が高いとされる。

 水が漏れた原因は不明だが、建屋外に漏れた形跡が四カ所で見つかった。一つは、水をせき止めるコンクリート(高さ約四十センチ)の土台のひび割れ部分だったが、土台と壁の隙間から漏れた箇所もあり、実際にはもっと大量の水が漏れた可能性もある。水漏れは前日には確認されなかった。

 水は、海とつながる側溝まで届いた跡があり、東電は土のうでふさぐ措置を取った。五日以降、水漏れの範囲などを調べる。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「たとえ海に到達しても少量で、ほとんど影響ないレベルだ」と話している。

|

« 2011.12.4 報道ステーションSUNDAY 『むかし・・・東京も”市”と”府”だった』で、現在の居住地が昔の郡にあたる場所にあると語る場所で、おもいっきり笑うスタッフの声・・・これがいまだ放送業界の意識!一国多制度など考えない、都会中心主義の表れだとおもったちゃまでした!放送内容はよかったのに!笑う場所ではないのに!制作に携わる方々の意識が象徴的に表れていました!これでは変われないでしょう!既存放送はそのままで死んでしまうでしょう! | Main | 2011.12.6 日経 明治の粉ミルクからセシウム 規制値は下回る »

ストロンチウム報道」カテゴリの記事

原発事故」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

大きく報道されないニュース おかしな日本の報道」カテゴリの記事