« 宮城県教職員3割がうつで対策が必要と教職員組合の発表。。。教職員も大変でしょうけれど、他の大人たちと別の手当てがされる理由もまたありません。大きな団体の意見はそのまま報道されるようなNHK。民主党が組合系の意見を通しやすい政党だから。お上が支配する日本社会としては許容された意見ということでしょうか。これで官僚のメリットがどこかにあるのでしょう。NHKはニュースのたびに繰り返し報道しています。そうなると何かのプロモーション、宣伝の意味がでてきます | Main | 東京地裁2011.10.31付で福島二本松市のサンフィールド二本松ゴルフ倶楽部がゴルフ場除染などを求めた仮処分申し立てを却下 ・・・ 日本の司法も、法律ではなくて、お上の意思にそって動いていることがわかる判決だったということです そして大きくは報道されていません »

NHK 2011.12.12 次期戦闘機選定今秋にも決定と報道。夏ごろの情報では防衛省が実機による飛行審査を省略し、書面だけで決めようとしているということ。F35に決めようとしていること。F35は実機検査されると不都合があるのではとかいわれていたようです.震災でお金が必要なのに今、高額な買い物をすることに意味があるとは思えません

FX 今週にも採用機種決定へ
12月12日 6時7分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111212/t10014563431000.html

航空自衛隊の次期戦闘機=FXの機種選定を巡って、政府は、候補となっている3機種の性能などを総合的に評価したうえで、今週にも、安全保障会議などを開いて、採用する機種を決定することにしています。

航空自衛隊の次期戦闘機=FXは、▽アメリカ製の「FA18」、▽アメリカなど9か国が共同で開発を進めている「F35」、▽ヨーロッパの4か国が共同開発した「ユーロファイター」の3機種が候補となっています。これについて、一川防衛大臣は、記者会見で、「たいへん重要な機種選定であり、批判が出ないよう、厳正な手続きを行い、まもなく決めなければならない」と述べました。防衛省は、作業チームを設けて、性能や価格に加え、機体の製造や整備に日本企業がどこまで関わることができるか、といった評価基準に基づいて、機種ごとに採点する作業を進めており、近く、岩崎航空幕僚長が、一川大臣に対し、合計点が最も高かった機種を上申する予定です。そのうえで、一川大臣が、防衛省の中江事務次官らによる「機種選定調整会議」に諮問し、「政務三役会議」を開いて、機種を決めることにしています。政府は、今週16日にも、野田総理大臣らも出席して安全保障会議を開き、採用する機種を正式に決定することにしており、閣議で了解される見通しです。


FA18を最初に言っているということはFA18に決まりなのでしょうか?
ネット上のニュースのページにもFA18だけのっています
Nhkk10045634311_1112120616_11121206


FX候補のF35 機体に不具合
12月3日 5時9分

航空自衛隊の次期戦闘機=FXの機種選定が大詰めを迎えるなか、候補の1つとなっているF35について、アメリカ国防総省の高官は、機体に不具合が見つかったため、今後生産のペースを遅らせるべきだという考えを示し、日本でのFXの選定に影響が及ぶのではないかという見方も出ています。

レーダーでは捉えられにくいステルス戦闘機「F35」は、アメリカ軍への近い将来の導入を目指して、アメリカで初期段階の生産を行いながら開発が進められていて、日本も航空自衛隊の次期戦闘機の候補の1つとしています。アメリカ国防総省で、F35の計画責任者を務めるヴェンレット海軍中将は、軍事専門誌とのインタビューで、「ここ1年の金属疲労のテストで、F35の機体に多数の亀裂や不具合が見つかった。そのほとんどは小さいものだが、まとまれば大きな問題だ」と述べ、「今後数年間は生産のペースを落とすべきだ」との考えを示しました。日本の防衛省が、2016年度の調達開始を目指していることについて、国防総省の広報担当者は、NHKに対して、「開発試験は2016年に終了する予定だ」と述べ、日本での納入スケジュールに問題ないとの見方を示しました。しかし、F35は、これまでも開発の遅れが指摘されていたうえ、今回、新たに機体の不具合が明らかになったことで、日本で大詰めを迎えているFXの機種選定に影響が及ぶのではないかという見方も出ています。


2011年12月 4日 (日)
NHKによる「FX候補のF35 機体に不具合」との奇妙な報道に思うこと
アシナガバチの巣作り日記


次期戦闘機にFA18売り込み
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111005/t10013042811000.html
10月5日 9時44分
航空自衛隊の次期戦闘機=FXの候補の一つ、FA18を製造したアメリカのメーカーは、機体の大部分は日本企業によるライセンス生産が可能だとして、日本の防衛産業を育成するうえでもFA18が最適だと主張しました。

およそ40年前に配備されたF4戦闘機に代わる次期戦闘機=FXを巡っては、アメリカのFA18とアメリカやイギリスなどが共同開発しているF35、それにヨーロッパで開発されたユーロファイターが候補になっています。このうち、FA18を売り込んでいるボーイング・ジャパンのマイケル・デントン社長が4日、都内で記者会見し、「機体の70%から80%は日本企業によるライセンス生産が可能だ」と述べ、日本の防衛産業を育成するうえでもFA18が最適だと主張しました。また、FA18は30年近い歴史があるものの、今回日本に提案しているのは、アメリカ軍が4年前に使い始めたばかりの最新型の機体で、高性能レーダーで空中と地上にある数多くの目標を同時に追尾し続けるほか、味方の航空機などと情報を共有する高いネットワーク能力があると強調しました。防衛省は、来月末をめどにFXの機種を決定することにしており、各メーカーによる売り込みは一段と加熱しそうです。


よいのか!自衛隊・次期戦闘機の敵基地攻撃能力
JanJanNews
加藤全功2007/07/31
自衛隊やその関係者だけの議論の中で、日本が敵基地攻撃能力という新しい、安全保障上のオプションを保有しようとしているのに対し、国会や国民が無関心である事は良いことなのだろうか。


実はユーロファイターが正解? 空自の次期主力戦闘機をF-35に決められない「あの理由、この理由」
日刊サイゾー
 航空自衛隊の次期主力戦闘機の問題は、実は国民生活の身近なところに深く関係している。政府は年内には3機種の中から決定する方針だ。国民一人ひとりがこの問題を自身の課題として捉え、決定に注目をしていく必要がありそうだ。
(文=浮島さとし)

|

« 宮城県教職員3割がうつで対策が必要と教職員組合の発表。。。教職員も大変でしょうけれど、他の大人たちと別の手当てがされる理由もまたありません。大きな団体の意見はそのまま報道されるようなNHK。民主党が組合系の意見を通しやすい政党だから。お上が支配する日本社会としては許容された意見ということでしょうか。これで官僚のメリットがどこかにあるのでしょう。NHKはニュースのたびに繰り返し報道しています。そうなると何かのプロモーション、宣伝の意味がでてきます | Main | 東京地裁2011.10.31付で福島二本松市のサンフィールド二本松ゴルフ倶楽部がゴルフ場除染などを求めた仮処分申し立てを却下 ・・・ 日本の司法も、法律ではなくて、お上の意思にそって動いていることがわかる判決だったということです そして大きくは報道されていません »

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事