« フロンティア分科会 どうしてカタカナばかり使うのがすきなのでしょう?  | Main | NHK 2011.12.12 次期戦闘機選定今秋にも決定と報道。夏ごろの情報では防衛省が実機による飛行審査を省略し、書面だけで決めようとしているということ。F35に決めようとしていること。F35は実機検査されると不都合があるのではとかいわれていたようです.震災でお金が必要なのに今、高額な買い物をすることに意味があるとは思えません »

宮城県教職員3割がうつで対策が必要と教職員組合の発表。。。教職員も大変でしょうけれど、他の大人たちと別の手当てがされる理由もまたありません。大きな団体の意見はそのまま報道されるようなNHK。民主党が組合系の意見を通しやすい政党だから。お上が支配する日本社会としては許容された意見ということでしょうか。これで官僚のメリットがどこかにあるのでしょう。NHKはニュースのたびに繰り返し報道しています。そうなると何かのプロモーション、宣伝の意味がでてきます

宮城 震災で3割の教職員がうつ
12月12日 4時36分 t
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111212/t10014563581000.html

宮城県内の公立の小中学校の教職員のおよそ3割が、うつの傾向があることが、教職員組合の調査で分かり、組合では、教職員も東日本大震災の影響で大きなストレスを受けているとして、対策を取るよう訴えています。

この調査は、宮城県教職員組合が、東日本大震災を受けて初めて行ったもので、ことし9月から10月にかけて、県内の小中学校の教職員1万3500人余りを対象にアンケートを行い、3375人から回答を得ました。それによりますと、健康面について、中程度や軽度のうつの傾向があると答えた人は30.5%に当たる1029人に上ることが分かりました。中でも、石巻市や東松島市、女川町では、中程度のうつの傾向があると答えた人の割合が、ほかの地域のおよそ2倍になっていて、被害が大きかった沿岸部で、精神的に不安定な状態が強いことがうかがえます。また、「震災の影響で仕事が増えたが、学校行事は減らず、疲れがたまっている」とか、「業務が時間内に終わらず、休みもなかなかとれない」など、震災後に業務量が増えたという意見が多く寄せられたということです。県教職員組合は、「今でも震災で大きなストレスを受けている教職員が多いため、生徒の心のケアとともに、教職員の心のケアも重点的に行うべきだ」と話しています。

|

« フロンティア分科会 どうしてカタカナばかり使うのがすきなのでしょう?  | Main | NHK 2011.12.12 次期戦闘機選定今秋にも決定と報道。夏ごろの情報では防衛省が実機による飛行審査を省略し、書面だけで決めようとしているということ。F35に決めようとしていること。F35は実機検査されると不都合があるのではとかいわれていたようです.震災でお金が必要なのに今、高額な買い物をすることに意味があるとは思えません »

NHK」カテゴリの記事

お上が支配する日本社会」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事