« 2011.11.14 NHK おはよう日本 5:06 / 6:49 / 7:17 と3回放送と大プロモーション!総務省 携帯電話の電波の割当は無償割当だったが、参入を望む事業者が増えていることからより透明化を高めるためにオークションで高値を付けた事業者に割り当てる制度を2015年から・・・これではお金をもっている事業者しかはいれないですね!参入障壁です!そして、その霞が関文学的な悪いところをいいところと表現する術。それをそのまま報道する政府広報NHK!許認可権総務省に気を使うNHK!これは翔君のお父君? | Main | 2011.11.14 NHK 18:03 もんじゅ研究開発費9265億円(昨年度まで)と公表しているが 会計検査院調査で 総額約1兆810億円。公表額より1545億円も多いため、日本原子力開発機構に正しい経費額を公表するよう求めた »

2011.11.14 NHK おはよう日本 6:11 福島で11日から13日までの3日間、震災と原発事故について話し合う会議。チェルノブイリを20年間調べてきた医師、ジミナ・ナジェージダさんが経験談。「母親がストレスでいらいらすると子供にも伝わる。まず自分の心を守ってください」 NHK福島 仲沢啓さんのリポート。プレーンな取材でいい内容でした。それにしてももっと具体的に会名をだしてほしいですね。福島で初の大規模でオープンな市民会議「ふくしま会議」。でもアナウンサーの最後のせりふは暗雲が感じられました・・・

福島で初の大規模でオープンな市民会議「ふくしま会議」

http://www.earth-garden.jp/

ふくしま会議 福島市で開催中:UstreamでWeb生中継&録画も見れます
http://www.earth-garden.jp/community/16882/

NHK福島 仲沢啓さんのリポートはプレーンだったのですが、
最後のNHKアナウンサーたちのまとめが、気になりました。

(2人とも暗めの顔と声色で・・・)
女性アナウンサー 鈴木奈穂子さん 「福島県では、放射線にたいする不安を抱いたままの生活が長期化し、母親の中には、ストレスが限界に近づいている人がすくなくありません。」
男性アナウンサー 阿部渉さん 「国には、除染とともに、こうした母親の不安やストレスのケアを行っていくことがもとめられています」

これは誰が書いた原稿なのでしょう?

どうして、「放射線にたいする不安を抱いたままの生活が長期化」するのが「母親」だけの話になるのでしょう?
しかも、「ストレスが限界に近づいている人がすくなくありません」というのは、どこの調査なのでしょう?
繰り返しますけれど、どうして母親だけに焦点があたるのでしょう。

加えて、しかも、「母親の不安やストレスのケアを行っていくこと」が、どうして、「国」(正しくは「日本国政府」!ですが、)がやることだと、いうのでしょう?
どうして自治体といわないのでしょう?なぜ「国」と決めつけているのでしょう?

NHKって、通常であれば、世間で「国、国」といわれていても、そんなことは、いったりしません。
いうのは、「国」がそう決めている場合だけです!

そして、一番の問題、、、、だれがいっているのでしょう?

NHKのいい方は、いつも主語がだれなのかわからないことがあります!

そして、それは、官僚の作文、つまり、官僚側からの依頼・・・・ということなのでしょう。

国が決めていなければ「国にもとめられる」などと決していわないNHKがいっているということは、国からいわれた、ということだからです

そして、主語をいわないのは、
それは、たぶん、官僚の霞が関文学だからでしょう!

つまり、国民がそれを望んでいる、と、いいたいからです。
だれが望んでいるのかも、いわないのに・・・・
官僚が、次に税金の使い道を探して、自分たちの生活の場を探そうとしているときでしょう。
結局、自分たち自身で臨んでいるのだから、そんなことはいえません

たぶん、厚生労働省のキャリア官僚のだれかが、これを次の自分たちの生きる場所として見つけたのでしょう!

そうして、それに対する手当として、来年の予算を計上されて、ストレス手当事業が行われて、そして、その事業が外注されて、それが再外注されて、そうして、中抜きされて、天下り場所が作られて、実際に実のあることに使われる税金は少なくなって、・・・・・

たぶん、そんな感じです。

リポートはプレーンなのに、

リポートの背景で、なにか、また、画策されているような、「最後の最後の思わせぶりな言葉」が、また、アナウンサーから、誰が言った意見なのかをいわずに! いわれてしまいました。

これがNHKの作文の特徴!そういうことが、だんだんわかってきました。
最後を聞き漏らしてはいけないんですね!

ここに、それまでの本当の意図が集約されていますからね!

暗号のようなニュースですけれど、
NHKニュースが、広く一般国民へのニュースと思うことから考えを改めて
国と自分たちをよぶ日本国政府の官僚から、地方へ派遣されている多くの下級官僚の人たち、それから地方自治体の官僚の人たちへのメッセージ伝達手段と、思うと、こういうニュース放映のやり方がありかもしれないと思い始めています。

|

« 2011.11.14 NHK おはよう日本 5:06 / 6:49 / 7:17 と3回放送と大プロモーション!総務省 携帯電話の電波の割当は無償割当だったが、参入を望む事業者が増えていることからより透明化を高めるためにオークションで高値を付けた事業者に割り当てる制度を2015年から・・・これではお金をもっている事業者しかはいれないですね!参入障壁です!そして、その霞が関文学的な悪いところをいいところと表現する術。それをそのまま報道する政府広報NHK!許認可権総務省に気を使うNHK!これは翔君のお父君? | Main | 2011.11.14 NHK 18:03 もんじゅ研究開発費9265億円(昨年度まで)と公表しているが 会計検査院調査で 総額約1兆810億円。公表額より1545億円も多いため、日本原子力開発機構に正しい経費額を公表するよう求めた »

NHK」カテゴリの記事

マスコミといわれる人たちの悪い習慣」カテゴリの記事

報道の形で「流れ」を作る宣伝をするマスコミ」カテゴリの記事

明日を感じる話」カテゴリの記事

転んでもただでは起きない官僚?」カテゴリの記事