« 2011.10.9 NHKニュース 『疑似科学的説明』の論理的でない「自転車事故 ヘルメット着用調査報道」 | Main | 2011.10.10 ひるおび 紹介 毎日新聞 風知草:こっちへ来てみろよ=山田孝男 (小森谷徹さんの飛び出す新聞バン!はいつみても市民目線の記事を知らせてくれるように感じます!でも、ひるおびではなぜか特集になると官報や業界広報となって市民を洗脳するような番組に変わることがよくあるのが不思議です!) »

NHK 朝の連続テレビ小説 カーネーションで・・・コミカルな場面でブルースフレーズが使われていますけれど、この視点での製作者のブルース音楽のとらえ方はおかしいとおもいます それにミシンの登場する場面での音も、そんなに速いかというほど、工業ミシンのような音です。怖いくらいの音で、とても現実を反映しない音、いまのNHKの報道姿勢を音で感じました!

追記:
11月5日
ぱっち100枚作り終わっておさめたところで
デキシーが使われています。
デキシーの方はマッチです!

ミシンの音も足踏みらしくなっています!

11月7日、ブルースが、またコミカルな場面で使われていました。
ブルースは、そういう場面で使うものではないと思います。
もっと、シリアスな、真剣勝負や、心の葛藤や、ここ一番という場面で使う、魂のさけびにこそふさわしい場面のはずなのに!
カーネーションではそういうところでは主題歌に表されているようなクラシカルなメロディーの音楽を使っています。
そんな使い分けは、本物ではありません!
ブルースを都合のいい単なる喜劇役者とみているような気がしてしまいます。
ブルースを知らない視聴者には、ブルースに対してヘンな先入観を持たれてしまうでしょう!
それこそ、罪だとおもいます!

|

« 2011.10.9 NHKニュース 『疑似科学的説明』の論理的でない「自転車事故 ヘルメット着用調査報道」 | Main | 2011.10.10 ひるおび 紹介 毎日新聞 風知草:こっちへ来てみろよ=山田孝男 (小森谷徹さんの飛び出す新聞バン!はいつみても市民目線の記事を知らせてくれるように感じます!でも、ひるおびではなぜか特集になると官報や業界広報となって市民を洗脳するような番組に変わることがよくあるのが不思議です!) »

NHK」カテゴリの記事