« 首都高料金体系変更で・・社長さんの橋本圭一郎さんを調べると、就任後の意外だったことの3つ目に海外事業。どうやらODAや官民協働型とかでこういう政府系エージェンシーが活躍してゼネコンといっしょになってやっている姿がみえてきそうです。マージン中抜きや天下りがこういうところにあるのかもしれません | Main | 2011.10.28 とくだね!タイのインラック首相の記者応対を伝えたナレーション「強気の言葉とは裏腹に、記者からはこんな言葉が・・・泣いているんですか? とんでもありません。あきらめません! 」・・・・原稿作成者は素人さん?!『裏腹に』が変な使い方の原稿文章! »

NHKのカメラが世界で初めてとらえたブータンのシボリアゲハです、といっていました。どうして、こういうときには"NHKの"という形容なんでしょう?受信料で作ったわたしたち(日本国民)のカメラが世界で初めてとらえたブータンのシボリアゲハです、といわないのでしょう?

こういう言い方をされると、
「お前たちは、俺たちの必要だと思う分だけ、金を差し出せばいい」
とでも、内心では思っているのでは?

邪推したくもなりますね!

だって
NHKの自慢以外では
「わたしたち」を多用するのですから!


公共放送で!
受信料で仕事をしているなら!
NHKのやった仕事は受信料を払っている人みんなの功績だとおもわないのでしょうか?
NHK職員はだれのお金で仕事ができていると思っているのでしょうか?

まさか許認可権のある内閣府とだけ、思っていたりしないでしょうね?

責任を負ったり、義務を負ったりするときは「わたしたち」

報酬を得たり、褒められたりするときは「NHK」

そういう使い分けになっているようですね

|

« 首都高料金体系変更で・・社長さんの橋本圭一郎さんを調べると、就任後の意外だったことの3つ目に海外事業。どうやらODAや官民協働型とかでこういう政府系エージェンシーが活躍してゼネコンといっしょになってやっている姿がみえてきそうです。マージン中抜きや天下りがこういうところにあるのかもしれません | Main | 2011.10.28 とくだね!タイのインラック首相の記者応対を伝えたナレーション「強気の言葉とは裏腹に、記者からはこんな言葉が・・・泣いているんですか? とんでもありません。あきらめません! 」・・・・原稿作成者は素人さん?!『裏腹に』が変な使い方の原稿文章! »

NHK」カテゴリの記事

首尾一貫しない都合で変わる理由づけ」カテゴリの記事