« 2011.7.7 七夕の日のニュースウォッチ9 玄海原発世論操作メール問題を菅総理ストレステスト問題にすーっとつなげた大越さんにNHKの世論操作を感じてしまいました。⇒7月9日放送予定のNHKスペシャルで原発賛否のアンケートをしていたのですね。ここにも関係者の賛成意見が多数あるはずですね。だから大越さんは九電問題に多く触れることができなかったのですね?8月にも討論番組を企画ということは、NHKもその流れの中に置かれているということなのかもしれません。『業界関係者にとって重大関心』と教えてくれましたから。 | Main | 2011.7.9NHK朝7時のニュースの報道で佐賀玄海原発住民説明会を終えた原子力安全・保安院 山本哲也課長のことば「住民の目線で考えなくてはならないときょう大変痛感した」とテロップ。『説明会とは住民の立場で説明するものなのではないでしょうか』、説明会が終わって『それを痛感』というのでは説明会目的は『一方的な説明』と『それをすることが大切』だったと、いままでいわれてきたことと、福島後の今も変わっていないということですね。 »

原発ストレステスト⇒政策を議論するならストレステストの意味を議論するべきなのに、どこのメディアもそれは避けているようです。そして、政治が悪いとばかりいっています。メディアが主体性をもっていません。放送だけやっていてジャーナリズムがありません。それなのに政治の批判はなぜかします。日本のメディアは官僚の広報担当ばかりとしか思えません

『政治がどっちかきめていない』『ふらついている』とばかり。
それぞれの人、それぞれのメディアが、こっちがいいといえばいいだけです。でもメディアは政治がきめていないとだけいうだけです。
ちゃまは、ストレステストをするべきだとおもいます。
政治を批判する人は、自分で決めていない人です。自分で意見をいわないメディアです。
ちゃまは、いままで変わってこなかった原発のやり方で右往左往あって当然だと思います。
政治だけを責めるなんてことはできません。

政局ではなくて政策だというなら
各メディアは、自分はストレステストをするべきだとおもうのかどうなのか
ストレステストとは具体的にどういうものなのか
それを報道すべきであって
政治が決めていないというのは、そのあとのことです。

ストレステストが今出てくるべきではないという人やメディアがいますが
今まで出ていなかったのなら
いまいうしかないとちゃまはおもいます。

政策を中心にというのに、メディアはストレステストについて、その具体的な内容はほとんど放送しないで、政治のせいにしている、そのアンバランスさが、すごくあやしいとおもいます。

2011.7.8 ニュースウォッチ9で大越さん「エネルギー政策についての大局的な方針がないまま現実を後追いすることは避けなければなりません。政治の場での責任ある議論はもう待ったなしの段階にきています。」

⇒ ニュースウォッチ9では「エネルギー政策についての大局的な方針」がどうあるべきか提唱したのでしょうか?

「政治の場での責任ある議論」が「もう待ったなしの段階にきている」なんて、責任ある議論などできないといっているのです。

いままでNHKは日本の原発にどのようにストレステストが必要だっていってきたのでしょうか。
それをいっていないのに、「政治のせい」にしています。
政治は有権者の意見の代表
有権者はメディアの意見を参考にしているんです
NHKは官僚の広報なら、「政治の場での責任ある議論」が「もう待ったなしの段階にきている」というのは官僚が菅政権にいっているメッセージということなのでしょう

有権者の声を取り上げることなく官僚のメッセージをつたえていたりしませんか?

報道ステーションでは冒頭で取り上げていた佐賀県知事が急きょ開いた、説明会について
ニュースウォッチ9では全く触れませんでした。
NHKスペシャルとの関連を気にしているのではと思ってしまいます。


手順が間違っているともおもいます。ストレステストをもっと最初からいっていなさいともおもいます。
でも、原発をもっているのにストレステストをやっていなかったのは、自民党時代からの官僚の原子力村です。

菅総理が自己保身のためにストレステストをもちだしたとしても、

政策としてするのかしないのかといえば、するべきです。

手順の問題ではないとおもいます。

それをほおっておいて、手順が悪い、政治がわるいとばかりいっているように見えるニュースウォッチ9のNHKはおかしいと思いました。

|

« 2011.7.7 七夕の日のニュースウォッチ9 玄海原発世論操作メール問題を菅総理ストレステスト問題にすーっとつなげた大越さんにNHKの世論操作を感じてしまいました。⇒7月9日放送予定のNHKスペシャルで原発賛否のアンケートをしていたのですね。ここにも関係者の賛成意見が多数あるはずですね。だから大越さんは九電問題に多く触れることができなかったのですね?8月にも討論番組を企画ということは、NHKもその流れの中に置かれているということなのかもしれません。『業界関係者にとって重大関心』と教えてくれましたから。 | Main | 2011.7.9NHK朝7時のニュースの報道で佐賀玄海原発住民説明会を終えた原子力安全・保安院 山本哲也課長のことば「住民の目線で考えなくてはならないときょう大変痛感した」とテロップ。『説明会とは住民の立場で説明するものなのではないでしょうか』、説明会が終わって『それを痛感』というのでは説明会目的は『一方的な説明』と『それをすることが大切』だったと、いままでいわれてきたことと、福島後の今も変わっていないということですね。 »

fear-mongering:意見を通すために恐怖を利用する組織的つながり」カテゴリの記事

原子力村」カテゴリの記事