« ニュース9の原発必要の方々の必要性とは「雇用」と「経済」でした。沖縄の方々の米軍基地と同じだと思いました。原発や米軍基地の意味ではないのでした。これこそいままでの政治政策の結果だったということがよくわかりました。 | Main | 深谷市議選違反捜査⇒捜査がおかしいのに、いつまでも「容疑者」をつけて名前をだしているのがおかしいと思いました。新聞テレビなどの『警察担当記者』という人たち、もう、『警察発表』をそのまま書くのはやめてほしいと思います。「裁判結果がでるまでは、それぞれの『言い分』を併記」して、自身の見解も区別して書くのがジャーナリズム。いまはただの「警察広報」です。 »

2011年5月26日NHK ニュース9 フランスからのレポートで「フランスが開発した最新型の原子炉です。2014年の運転開始を目指して急ピッチで建設が進んでいます。」 『急ピッチで建設』をすすめるという表現にも『不眠不休』に通じる危うさを感じます。東京オリンピック、東海道新幹線、名神東名高速道路の時代の表現だとおもいます。計画的でない、無理を生じるかもしれない危険をはらんでいる『マイナス表現』だとおもうのですけれど、どうして、こういう表現が、積極的な表現のように使われるのでしょう?

美辞麗句の意味で使うのはおかしいと思うのです。

「がんばればなんとかなる」という考え方を表す表現のひとつだとおもうのです。
日本の心持の表現「急ピッチ」。

フランスで、日本と同じ「急ピッチ」であらわされる表現でものごとがすすむとは思えません。
(参考⇒ヤマハのフランス子会社MBK。索引と「サンカンタン MBK 2011年4月16日 MBKで怒りの噴火 / 2011年4月22日(金曜日)経済:MBKか日本流労働者か 」 日本では世界的に自慢の素晴らしいといわれている労働がフランスの新聞記者にどういう風に写っているのか。少しわかります。「ばかにはできない」というところでは、基本的には「ばか」にしそうなスタンスで見てしまうこともわかります。同じ目線で見られているわけではないことがわかります。でも日本人もおなじように日本以外のアジアの人たちをみていたりしないでしょうか?田原さんもベトナムで気づかされたといいます田原さん!おかしいですよ!『ベトナムで日本を卑下する自分の恥ずかしさ』(田原総一朗の政財界「ここだけの話」2011年05月18日)。)

そのあとすぐに、『フランス産業界が総力をあげて開発したこの原子炉』ともいっています。

『フランス産業界が総力をあげて開発』するほど、フランスはこの原子炉だけしかすることがないのでしょうか?

フランマンビルところだそうですけれど、2010年7月ブルームバーグ情報では、Electricite de France SA,のFlamanvilleの原子炉はアレバ社で、コストが増えて、2013年スタート予定がいつになるかわからないということです。

『フランス産業界が総力をあげて開発』でもないし
『フランスが開発した最新型の原子炉』ではなくてアレバ社の原子炉
というだけなのではないでしょうか?

フランスという国の政策とフランス産業界全体は一緒ではないとおもいます。

過剰な表現なのではないでしょうか?

レポートや報道の素晴らしさを際立てた炒めの
『対象の美化』

日本国を批判するための「比較物の美化」

になっていないでしょうか?

こういう「ありきたりの形容詞」を具体的な説明なしに使うことは、危険な報道姿勢だとおもいます。

戦争報道時代の新聞の役割と同じではなのかなあと思ってしまうのです。

レポーターは味田村 太郎さんという方でした。

似た例⇒大槌町を紹介したサンデーフロントライン2011年5月15日「混乱の中不眠不休で働く職員」!

|

« ニュース9の原発必要の方々の必要性とは「雇用」と「経済」でした。沖縄の方々の米軍基地と同じだと思いました。原発や米軍基地の意味ではないのでした。これこそいままでの政治政策の結果だったということがよくわかりました。 | Main | 深谷市議選違反捜査⇒捜査がおかしいのに、いつまでも「容疑者」をつけて名前をだしているのがおかしいと思いました。新聞テレビなどの『警察担当記者』という人たち、もう、『警察発表』をそのまま書くのはやめてほしいと思います。「裁判結果がでるまでは、それぞれの『言い分』を併記」して、自身の見解も区別して書くのがジャーナリズム。いまはただの「警察広報」です。 »

NHK」カテゴリの記事

原発事故」カテゴリの記事

急ピッチ」カテゴリの記事