« 《アジア製自転車をアメリカで高品質自転車として認めさせた初めての人物》愛された業界人 ハウィー・コーエンさんが亡くなる74歳 バイシクルリテーラー&インダストリーニュース2013年7月12日 - Nishiki, Kuwahara BMX, ET | Main | 2009年8月18日「Mountain Buggyが中国へ移転すると仕事がなくなる」ニュージーランドのStuff記事 »

Kestrel ケストレルの歴史 2007年2月 バイクフォーラムに書き込みされた当時のケストレルサイトからの引用コピー

http://www.bikeforums.net/showthread.php/281926-kestrel-history (2003.3.27-2007.3.28)
2007年2月

スレ主は、自転車の時系列的なデータを求めていたようですけれども、
聞き方にあったのでしょう、会社としての歴史が書き込まれました。
その中の一つがこれで、wrench science.comからのコピーだということです。


http://www.wrenchscience.com/

Kestrel ケストレル
wrench science 書いた人が「レンチ科学」というカリフォルニア州バークリーの自転車屋さんです


In 1986, a company was formed with the purpose of designing and building the World's first all-carbon bicycle frames. The company was called Cycle Composites, Inc. (CCI) and the bikes were branded Kestrel. The founders of CCI, Bevil Hogg and Tom French, were two of the three men who started Trek Bicycles in the early 1970's. Since that time, Hogg had been involved in early carbon frame development and French had moved on to Blackburn Design, where he served as president. The two teamed up with Brent Trimble --an inventor who had the first design and manufacturing concepts of what would become the Kestrel frame--and started the new company in Santa Cruz, California.


世界初オールカーボンフレームの設計製作を目的として1986年に設立された会社がある。
会社名はCycle Composites, Inc. (CCI) 。自転車ブランド名がKestrelだった。
CCIを創業したのは、Bevil HoggベビルホッグTom Frenchトムフレンチ
1970年代はじめにトレックバイシクルズを創業した創業者3人のうちの2人である。
トレック時代から、ホッグは誕生間もないカーボンフレーム開発に携わっていた。
一方、フレンチはBlackburn Designブラックバーンデザインに移り、社長職に就いていた。
その後、2人はブレントトゥリンブルと組む。
ブレントはケストレルフレームと後に呼ばれるそのコンセプトデザインを作り出し、製造したその人。
3人はカリフォルニアのサンタクルーズで新会社をはじめた。


A significant change came in 1988, when industry giant Schwinn purchased controlling interest of Kestrel and became its "parent" company. Combining Kestrel's carbon design expertise and Schwinn's financial and distribution resources would allow for an increase in manufacturing and new product development.
1988年が転機となった。
業界の巨人Schwinnシュウインがケストレルの大株主となり、親会社となった。
ケストレルのカーボンデザイン能力にシュウインの資金力と流通網が加わり、製造と新製品開発に勢いがついた。

Kestrel’s history is one famed with many “firsts”. Kestrel was founded on the premise of creating bikes from the best materials available and they have not fallen short of that goal by any means. They have been the world leader in carbon fiber bicycle technology since their inception in 1986 and they continue to be at the cutting edge of innovation to this day.
ケストレルの歴史には、数多くの「初」があることで知られている。
「使える最良の素材で自転車を作り出す」という前提で設立されたケストレルでは、目標への未達は許されなかった。

Their development has focused on frames designed for road and triathlon. They have become the leading authority for Ironman competitive bikes, with most of the world’s top triathletes trusting their performance to the scientific engineering of Kestrel’s aerodynamic frames.
ケストレルは、1986年の設立時点から今までカーボンファイバー自転車技術における世界のトップであり、その最先端を走り続けている。
ケストレルの開発は、ロード(競技)用およびトライアスロン(競技)用のフレームデザインに集中している。
ケストレルはアイアンマン競技用自転車の権威であり、世界レベルのトップトライアスリートの多くが、ケストレルエアロダイナミックフレームを使っている。

(scientific engineeringという用語は科学的でも工学的でもない怪しい用語です。たぶんにマーケティング的。書いてある通りなら、「ケストレルはアイアンマン競技用自転車の権威であり、世界レベルのトップトライアスリートの多くが、ケストレルエアロダイナミックフレームの科学的エンジニアリングを信頼して自らの結果をゆだねている。」ですけれども、つまり「使っている」と書けばいいだけです。こういう表現にであうと、ここからはセールストークで、宣伝だということがわかります。)


If their athlete testimonials don’t convince you to buy a Kestrel frame and push the limits that have constrained your performance on other frames, their track record for industry breakthroughs should speak for itself: First all carbon production frame (Kestrel 4000), 1986/87 - First carbon fiber fork (Kestrel EMS), 1989 - First one-piece carbon fiber road handlebars (EMS Pro Road), 2001.

アスリートからの推薦コメントを読んでも、ケストレルフレームを買ったら他のフレームに乗って出した成績をさらに上回れなんて思えないというキミには、業界の壁を打ち破った記録がそれを教えてくれるはず。

1986年1987年、初のオールカーボンで製造されたフレーム Kestrel 4000
1989年、初のカーボンファイバーフォーク Kestrel EMS
2001年、ワンピースカーボンファイバー・ロードハンドルバー EMS Pro Road

In 1989 when Kestrel released their first carbon fiber road fork, the EMS Fork, they stunned the bicycle world again. It offered stiffness and strength beyond the steel forks of the time, lighter weight than bonded aluminum forks, and shock damping traits that metals cannot match.

1989年には、初のロード用カーボンファイバーフォークで再び自転車界に衝撃を与えた。
剛性と強度は当時のスチールフォークを凌駕。溶接アルミフォークよりも軽量。ショックダンピングはメタル製がおよばない。


The EMS Fork was an overnight success, chosen by all the top teams in the U.S. (Chevrolet/LA Sheriffs, Coors Light, Subaru-Montgomery, etc.) as well as Greg LeMond's Team "Z" in the European peloton. In fact, with the EMS carbon fork, Kestrel created a whole new category for performance road forks. Today, you would be hard-pressed to find a high-performance road bike that does not include a carbon fork.

EMSフォークは一夜にして成功。アメリカのトップチームがこぞって採用。ヨーロッパでもグレッグレモンのチームZが使った。
ケストレルはこのEMSカーボンフォークでロードフォークの新境地を作り出した。
現在、高性能ロードバイクでカーボンフォークでないものを探すのには苦労するはず。


Today Kestrel continues to innovate and offer world-class products with their Evoke, Talon SL and Talon models at an affordable price. Don’t be mistaken by their comparatively low prices, Kestrel’s technology and frame design are second to none. Every Kestrel frame is designed with a purpose from the ground up. All design work is done with 3-D solid model CAD drawings which translate to machine code used to build high-tolerance production molds. After the modeling is all done they build the prototypes and begin rigorous testing. Every condition a frame is likely to encounter is tested and then refined. The beauty of carbon fiber is that you can lay up the material and structural shape to optimize stiffness and control while still allowing for a comfortable ride. Next the prototypes are subjected to miles of testing under Kestrel’s sponsored pros and test riders. Some of those test riders are the engineers themselves. After all the quality control and testing is over, a frame model is ready for release. Kestrel is so confident of their manufacturing quality they offer a lifetime warranty. Take a look around and see how many other carbon manufacturers offer this and you will begin to understand how confident we are in saying Kestrel produces some of the finest carbon frames in the world.

ケストレルは現在も世界最先端でありつづけていて、世界クラスの製品を送り出している。Evoke, Talon SL。他に、より手に入れやすい価格帯のTalonモデルもある。比較的低価格であることから誤解する人がいるが、ケストレルの技術とフレームデザインは他にはない。
ケストレルフレームは用途別にすべて一から設計する。
デザインはすべて3DソリッドモデルCADで行い、機械コードで(正しくはnumerical data「数値データで」)高精度の生産用モールドが作られる。
モデリングがすべて済むと、プロトタイプ(試作車)を作り、厳しいテスト(検査)をおこなう。
起こりえると考えられるあらゆる状況をテストし、修正を加える。
カーボンファイバーのすばらしさは、乗り心地のよさを損なわずに、最適な剛性と操作性を得るために、素材自体と形状が使えることにある。
プロトタイプでの検査は、ケストレルがスポンサーとなっているプロ、あるいは、テストライダーによって長時間おこなわれる。
エンジニア自身がライダーとして参加するテストフェーズもある。
そうして、品質管理と検査が終われば、出荷準備となる。
ケストレル製造品質には自信を持っている。生涯保証だ。
同じことをしているカーボン製造者がどれほどあるか調べてみよう。ケストレル製品は世界最高のカーボンフレームといっている私たちの自信をご理解いただけると思う。

-----------
Wikipediaでは
http://en.wikipedia.org/wiki/Kestrel_USA


1986: The company is formed from a group of Trek employees together with aerospace materials experts
1986: The company's first bicycle, the Kestrel 4000 road bike, is released, featuring all-carbon, fully aerodynamic frame design
1988: The company unveils the "Nitro" full-suspension mountain bike after collaboration with Keith Bontrager
1989: World's first carbon fork, the EMS
1989: World's first all-carbon triathlon bike, the KM40
1992: First "modern" seat-tube-less design, the 500SCi, demonstrating the structural flexibility offered by composite construction

« 《アジア製自転車をアメリカで高品質自転車として認めさせた初めての人物》愛された業界人 ハウィー・コーエンさんが亡くなる74歳 バイシクルリテーラー&インダストリーニュース2013年7月12日 - Nishiki, Kuwahara BMX, ET | Main | 2009年8月18日「Mountain Buggyが中国へ移転すると仕事がなくなる」ニュージーランドのStuff記事 »