« 日本製ダイヤモンドバック 1980年モデル | Main | スタンフォード大学機械工学 学部生アンディさんの広い視野と実践的かつ世界的な幅広い学生活動で・・・中国ではスペシャライズドのマーゲビシャスさんからご教示 »

ドイツの学校で新年度がはじまりました。おまわりさんは自転車通学の小学生に指導しながら、スピードガンを設置して自動車の速度超過の交通指導にもあたります。2010年8月24日記事

ドイツの学校では8月23日から新しい学年が始まったところがあるようです。 (これが主流なのかそうでないのかはわかりませんけど。) そんな地域の一つ、ブランデンブルク州の中にある小規模な町(村?)ブスタービッツ(Wusterwitz)での話です。

新学年で新一年生も通学するので交通安全指導をするのは日本と同じです。
でも、学校には自転車でも通えます。ここでは自転車の走行に関するお話が主題です。

まず、ちゃまの感想を先に・・・

児童たちにおまわりさんがご指導されるているのはもちろんなのですが、学校周辺を走る自動車に対して、速度取締機まで使って、きっちりと指導されているのが興味深いところです。
〔小学校の生徒(日本の文科省は児童といいます)に対しての指導だけではなくて、自動車に対して指導をしているんです!

ここの話では組立をしているところがでてきます。必要時に設置しているのですね。

ただし、日本ではこんな光景は速度違反の「取締」ということで、かならず、「切符をきる=罰金(反則金?)」ということと一体化しているように感じます。日本の「速度違反取締」です。

今井亮一の交通違反相談センターで、たとえば、『ドライバー』06年1-5号に書いた記事より という汚い取り締まりを警察はなぜするのか?では、冒頭付近で
〔取り締まりの背景には、莫大な警察利権がある。反則金だけで年間800~900億円。これは財務省のものにならず、「交通安全対策特別交付金」として警察の縄張りへ流れる。そのほか、停止処分者講習や違反者講習、駐禁レッカー移動、パーキングメータ・チケットの管理、免許更新の事務や更新時講習など、いろんなものが、天下り先である交通安全協会に委託されている。  そして、現場の警察官には件数(点数)の「努力目標」、ノルマがある。件数で管理されれば、どうしたって、違反の悪質性などは抜きに、とにかく件数を上げればいい、ラクして数を稼ごうとなってしまう(それが警察官らの心を蝕むとの指摘もある)。〕
最後には〔 交通違反の検挙率は1%に届かない。極めつけの「ザル法」だ。が、違反は日常的にあふれているから、つまり分母が巨大だから、1%に届かない取り締まりでも、そこから生まれるカネは巨額となる。そのカネは警察の縄張りへ流れ込む仕掛けになっている。

 こんなことで事故が減るはずがない。エアバッグの普及などで死亡者数こそ減っているが、事故発生件数は右肩上がりで増え続けている。
 人々の遵法意識を損なわせ、警察利権を支える、それが道路交通法の実質的な存在意義といえる。〕とあります。


通学時のそういう話は身近で聞いたことがないのでネットで調べてみました。

「しかし、スピード違反の検挙ではなく、パトロール程度でしょうね。やってくれるとしても。(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2617920.html)」

「しかし、最も速度超過が問題にならないであろう晴天の乾燥路において、実際には取締りは行われている様に思えます。その上、通学路等の危険箇所において取締りを行っている事も、あまり見られない様に思えます。(http://devious.seesaa.net/article/61163974.html)」


「小中学校への通学路でのスピード違反取締」という考えは日本の警察にはないのでしょうか?
「自動車で大学に通う学生の自動車に対してのスピード違反取締」しか検索でみつかりませんでした。


アメリカでも小学校前の道路に固定式の速度取締機があることを知りました。各国、児童の交通安全のために速度取締機を使っているのですけれど、日本では高速道路や幹線道路以外、速度取締機でチェックしている話は身近でまったく聞いたことがありません。

「取締」という言葉は、罰金や反則金と結びついています。よくよく考えてみれば、本来は、日常生活の危険防止のためのもののはずで、警察のお金を増やすことに常に結びついているものではないですね。

「取締」=「検挙数&違反金支払い額が成果」という意識から、「指導」=「生活環境の改善・向上が成果」に意識を変えたらどうなるでしょうか?

「取締」は昔の言葉そのままですから「取締」なのでしょうけれど、現代的感覚からすればたとえば「指導」という言葉に置き換えて、罰金や反則金はオプションとしてみるのも、意識変革の一つかもしれません。おまわりさん(つまり行政)から率先して、私たちの意識を改めてもらえませんか。


それから、小学生の通学用駐車場(駐輪場)が小学校の交差点向うに作られたようなのですが、横断歩道がないようで、「計画になかった」そうなんです。日本でもよく指摘される「お役所仕事」ですが、ところ変わっても変わらないようです。




記事本文:

安全:SICHERHEIT

もっと自転車に光を! ブランデンブルク ブスタービッツ 学校、警察がチェック

Mehr Licht ans Fahrrad

2010年8月24日
(Von Frank Bürstenbinder)

学校が始まり、ブスタービッツ(Wusterwitzer)のおまわりさんが監視

WUSTERWITZ ブスタービッツ発

- Bei Amely fehlte die Beleuchtung.
アメリ(Amely)はライトがなかった。
Ein Achtjähriger wurde gestoppt, weil er freihändig fuhr.
8歳の男の子は両手離し運転をしていてとめられた。
Lob gab es für alle, die einen Helm aufhatten.
ヘルメットをかぶっている子はほめられた。
Zum Start ins neue Schuljahr bezogen gestern Ute Lange und Rudi Kranepuhl vor der Wusterwitzer Grundschule Stellung.
新年度が始まるにあたり、昨日ウテ・ランゲ(Ute Lange)とルディ・クラネプール(Rudi Kranepuhl)がブスタービッツ小学校担当となった。
Die Polizeiobermeisterin und der Polizeioberkommissar waren jedoch nicht zum Abstrafen nach Wusterwitz gekommen.
警察上級マイスター女史と警察上級コミッサールがブスタービッツ(のみんな)に罰を与えることがないように(する役目)。

„Wir belassen es heute bei Belehrungen“, sagte Kranepuhl beim Aufbau der Laserpistole in der Ernst-Thälmann-Straße.
エルンストテールマン通りでレーザーガンを組み立てながら「今日の交通指導はもうありません」とクラネプール。

Vor der Schule gilt wochentags von 6 bis 16 Uhr Tempo 30.
学校周辺では平日の6時から16時まで制限速度が30キロとなる。

Schneller fuhr niemand.
だれも速く走らない。

Für Schulleiter Frank Gericke kein Wunder: „Die Wusterwitzer fahren diszipliniert. Von auswärtigen Lkws kann man das nicht sagen.“
主任教師フランク・ゲリッケ(Frank Gericke)にとってこれは当然のこと。「ブスタービッツの人たちは交通規則を守ります。外部から来たトラックの運転手はそうとはいえないのです。」

„Weil überhöhte Geschwindigkeit eine Hauptunfallursache ist, halten wir weiter ein Auge auf den Fahrzeugverkehr“, so Polizist Kranepuhl.
「スピードを出していることが交通事故の一番の原因なので、私たちは交通に目を光らせているのです」とクラネプール警官。

Auch der Landkreis führt mit seiner Blitzertechnik Kontrollen vor der Wusterwitzer Schule durch.
州はブスタービッツ学校近辺に速度測定器(Blitzertechnikブリッツァーテクニーク)を設置した。

Mahnende Worte gab für jene Schüler, deren Mountainbikes nicht mit Beleuchtung bestückt waren.
児童たちの使っているマウンテンバイクにライトが装備されていないことに関して注意喚起された。

„Eltern sollten rechtzeitig an die Nachrüstung denken. In zwei Monaten beginnt die dunkle Jahreszeit“, meint Ute Lange.
「ご両親には後付ライトを考えていただきたい。あと2ヶ月もすれば暗い季節になります。」とウテ・ランゲ。

Eng wird es auf dem Schulparkplatz gegen 8 Uhr kurz vor Unterrichtsbeginn.
エン(Eng)は学校の駐車場に8時近くに着いた。始業時刻間近だった。

Zahlreiche Eltern bringen ihre Sprösslinge mit dem Auto zur Schule.
多くの親が子供を自動車で学校に連れてくる。

Die Einfahrt führt über den Gehweg, den junge Radfahrer bis sechs Jahre benutzen müssen und bis zehn Jahre benutzen können.
入口は歩道につながっている。幼い子が自転車に乗る場合、6歳までは必ず歩道を走らなければいけない。また、10歳までは(原則車道走行だが)まだ歩道を走ることが許されている。


Bei der Ein- und Ausfahrt ist auch wegen der Baumreihe höchste Vorsicht geboten.
また、並木がある(あって往来が見えにくい)ので、出入口では、かなりしっかりと注意を払わなければならない。
Etwas Entlastung bringt der neue Parkplatz gegenüber an der Einmündung Müggenbusch.
救済のひとつとして、新しい駐車場がMüggenbusch交差点の向こう側につくられた。
Dort ist die Einsicht besser, allerdings muss dann die Straße überquert werden.
これはよい見識ではあるが、しかし、(使うために)通りを横断しなければならない。

„Ein Fußgängerüberweg ist nicht geplant“, sagt Bauamtsleiterin Monika Bothe.
「横断歩道は計画にありませんでした」と、建築課職員モニカ・ボーテ。


Dafür liegt die Planung für den Ausbau des Gehweges entlang der Ernst-Thälmann-Straße zu einem kombinierten Rad- und Gehweg vor.
エルンストテールマン通りに面する歩道の拡張が計画中で、これは自転車道と歩道が一体的複合的に敷設される予定だ。

Für Erwachsene ist die Trasse derzeit eigentlich tabu.
大人がこの経路を使うこと(歩道で自転車走行すること)は、現時点では社会的にまったく認められていない。
Der Alltag sieht bekanntlich anders aus.
しかし、ご承知の通り、実際の日常は異なっている。
Wann ein Ausbau erfolgen kann, hängt von den Finanzen der Gemeinde Wusterwitz ab.
この拡張の実施がいつになるかはブスタービッツ村の財政による。
Die Verwaltung will das Projekt jedenfalls in die Haushaltsplanung für 2011 einbringen.
役場では2011年度予算でこれを実施したいとしている。

注:ブランデンブルク 警察官 階級 http://www.internetwache.brandenburg.de/sixcms/detail.php?id=10075464

Mittlerer Polizeivollzugsdienst ポリツァイフォルツークスディーンスト 警察官職能階級 中級
Die Ausbildung erfolgt in einem öffentlich-rechtlichen Dienstverhältnis, d.h., Sie werden mit Beginn der Ausbildung zum Polizeimeisteranwärter ernannt. Die Ausbildung dauert 2,5 Jahre.公式採用後訓練期間となる。これはPolizeikommissar候補としての訓練。訓練期間は2年半。
Zur Laufbahn des mittleren Polizeivollzugsdienstes gehören folgende Ämter:
平均的警察官は以下の職能をキャリアとして経る。

1. Polizeimeister ポリツァイマイスター(警察マイスター)
2. Polizeiobermeister ポリツァイオーバーマイスター(警察上級マイスター)← ここに出てきた階級
3. Polizeihauptmeister ポリツァイハオプトマイスター(警察チーフマイスター)

Die spätere Verwendung erfolgt überwiegend im Wach- und Wechseldienst.
Hinweis für Abiturienten bzw. Bewerber mit Fachhochschulreife: Wenn Sie sich für die Laufbahn des mittleren Polizeivollzugsdienstes bewerben und dort auch zur Einstellung kommen, ist ein späterer Wechsel in die Laufbahn des gehobenen Polizeivollzugsdienstes nur nach den Vorschriften der Laufbahnverordnung der Polizei (LV Pol) durch einen regulären Laufbahnaufstieg möglich.
Weitere Informationen!

Gehobener Polizeivollzugsdienst 警察官職能階級 上級
Der Vorbereitungsdienst für die Laufbahn des gehobenen Polizeivollzugsdienstes wird ein dreijähriges Bachelorstudium absolviert. Für die Zeit des Studiums werden Sie als Polizeikommissaranwärter ernannt. 
Zur Laufbahn des gehobenen Polizeivollzugsdienstes gehören folgende Ämter:


1. Polizeikommissar/Kriminalkommissar ポリツァイコミッサール(警察コミッサール)
2. Polizeioberkommissar/Kriminaloberkommissar ポリツァイオーバーコミッサール(警察上級コミッサール)← ここに出てきた階級
3. Polizeihauptkommissar/Kriminalhauptkommissar ポリツァイハオプトコミッサール(警察チーフコミッサール)
4. Erster Polizeihauptkommissar/Erster Kriminalhauptkommissar エルスターポリツァイハオプトコミッサール 一等警察チーフコミッサール

Das Studium lässt eine spätere Verwendung in der Schutzpolizei oder in der Kriminalpolizei zu.

« 日本製ダイヤモンドバック 1980年モデル | Main | スタンフォード大学機械工学 学部生アンディさんの広い視野と実践的かつ世界的な幅広い学生活動で・・・中国ではスペシャライズドのマーゲビシャスさんからご教示 »