« 過剰な宣伝記事を載せているネット販売メディアにバナー広告を載せている厚生労働省と内閣府
実質的にバナーが神話マーケティングの認定印のように見えて、後押しの役割をしています
| Main | パシフィックサイクルの中国オペレーション CIO Magazine 2006年第3号 »

前のめりにならないようにしたトリオバイク オランダの販売品? トリオバイク・モノはベビーカーにしなくていいので、前輪がつくところに、昇降時のスタンドがつけられていたのでした

トリオバイク・モノはベビーカーにしなくていいので、前輪がつくところに、昇降時のスタンドがつけられていたのでした。ずいぶん経ってから知りました。モノの発表時にはそんなことに触れていなかったと思います。そんなことをして、前のめりになる危険性を明かしてしまうのは、従来型がそれにたいおうしていないために、自分の首を絞めるとおもったのでしょうか?消費者への姿勢としては、正しくないですけれども、どこかできちんといっているでしょうか?日本の人も販売の代理店をはじめたようですが・・・
前のめりになるから危ないと、オランダのワークサイクルのヘンリーさんから指摘されているトリオバイクtrioBike。前にスタンドがついて販売されているものがオランダにありました。

オランダのMARKTPLAATS.nlでの販売で自転車店のKIDS&BIKES(http://www.dekinderfietsspecialist.nl/)が掲載した写真です。KIDS&BIKESの店先に置いた状況ですが、前の下側にスタンドがついているのがわかります。
これはヨーロッパの自転車で中央部に取り付けるタイプの標準的なものです。それを前に張り出す台座をつかって取付けているように見えます。

ところでこのトリオバイクは一台三役のtrioのほうではなく、モノmonoのほうです。trioとmonoの機能的な大きな違いは「子供載せ部分が外れるか外れないか」ですが、子供載せをつけているときの見た目での違いは、monoはママチャリのようなU字フレームに見える「低いフレーム」というところでしょう。

Main1


Side1


Front1

KIDS&BIKESはWintherビンタのオランダ国内での取扱店(ディーラー)の一社で、子供用を品揃えの中心にしているようですが、大人用もやっています。

デンマークのtrioBikeがつけるようにしたのかなと思い、trioBikeのサイトを見直しましたが、ついていません。
Dkside


« 過剰な宣伝記事を載せているネット販売メディアにバナー広告を載せている厚生労働省と内閣府
実質的にバナーが神話マーケティングの認定印のように見えて、後押しの役割をしています
| Main | パシフィックサイクルの中国オペレーション CIO Magazine 2006年第3号 »