« NHK BS1 ボゴタ特集 3月23日火曜日21:10
ボゴタ元市長が言っていること、世界でいわれていること、と違う!『JICAのボゴタへの貢献』という主張は、どう描かれているのか興味があります
| Main | 日本ではおばあちゃんが孫を自転車リヤカーに乗せているのが普通? »

爆走都市はデンマーク企画制作だったのでした
JICAどころか日本にはまったく触れられませんでした

Citiesonspeed


実際の映像を見て引き込まれました。すごいと思ってみていました。
まず、最初に、アンタナス・モクスさん(番組ではモックスさんと紹介されていましたが)の教壇シーンにびっくりです。

大統領候補者なのですから。この映像が抹殺されずに放送されるところが、モクスさんらしさです。

Plazasanvictorino


コペンハーゲン環境会議でも上映されたのだそうです。そんな話はNHKの情報ではわかりませんでした。

また、NHKの放送やホームページでは「国際共同制作番組」と大きくくくられているのでよくわかりませんでしたが、NHKが自ら製作したようではないようです。お金を出したのを製作というのであれば製作ですが、具体的な企画や製作はデンマークでした。

http://www.nhk.or.jp/wdoc/のFAQの「番組について」で・・・

「BS世界のドキュメンタリー」は、世界各地を舞台にしたドキュメンタリーを放送しています。
制作にあたっているのは国内外のプロダクションです。

海外で制作されたドキュメンタリーについては、世界の制作者たちとの緊密なネットワークを作り、
優れた番組をいち早く入手して皆さんにお送りしています。

などと書いてありますが、今回のは企画の段階から入っているようですから、この2つの中間形態なのではと思います。

DR掲載のCities on Speed情報
「NHKが製作の情報を細かく出していない」というところが著作権を重視するNHKらしくないような気がします。ホームページ情報での個別の作品についてもだれが撮ったのかなどまったくわかりません。個人が埋没しています。

DfiDr実際の企画製作はデンマークのプロジェクトで、Det Danske Filminstitut デンマーク映画協会(DFI/英名Danish Film Institute)とDR (Danish Broadcasting Corporation)(ディエァ) が企画してつくったものでした。

citiesonspeed.dk (活動停止[終了]状態です)
ドキュメンタリーコンサルタント、Dola BonfilsとMichael Haslund-Christensenを中心に、DRのMette Hoffmann Meyerが加わり、21世紀のメガシティを語るシリーズを企画。」

「Danida(Danish International Development Agencyデンマーク外務省内の途上国支援のための一部局)、
DFI(デンマーク映画協会)、
Dreyers Fond(ドライヤー財団:デンマークの映画監督の) 当film情報
Nordisk Film og TV Fond(ノルウェーオスロ、北欧のプロモーション)、
NHK、
サンダンスチャンネル(USのケーブルテレビチャンネル)、
デンマーク教育省
が支援した。」というものです。

たぶんNHKは資金提供でのバックアップで、実際の細かい内容に口は出しはしていないのではないでしょうか。

著作権にうるさいはずのNHKだとおもっていましたが、このような「国際共同制作番組」という掲示方法でいいとしているところはとても不思議です。


DFIでの英語情報

DR (Danish Broadcasting Corporation)は「デンマーク放送協会」っていう呼び方があるらしいのですが、NHKがそうよんだのが最初と思わないと「協会」なんてついている意味が解釈できません。DR自らが表す英語でもDanish Broadcasting Corporationだから「デンマーク放送社」、もしくは日本でも放送局では社はあまりつけないようですから「デンマーク放送」じゃないでしょうか。

「爆走」について

デンマークでの企画が「世界が現在直面している大都市の制御不能な成長に焦点を当てたもの」ということで、この「大都市の制御不能な成長」をCities On Speedとタイトル付けしたようです。ということは、制御不能な成長=on Speedを「爆走する」と訳したNHKは、企画どおりの意図でつけたことになります。

では、なぜ、デンマークでの企画がCities on Speedなのかですが、

4本が一組の企画で、他の3つがいまだ解決できない都市問題を扱っているのに対して、ボゴタだけはひとまず問題が解決したということで製作者も理解しているようです。

Andreasdalsgaard「ボゴタの変容はかなり違った性格でかなり異なる見方をする2人の市長のボゴタをなんとか変えようと努力した物語。ボゴタはかつて裂け目で分断された街と思われていた。」とコメントの上、ボゴタを取ったディレクターのアンドレアス・ダルスゴールさん(Andreas Dalsgaard 1980年生)の言葉で、「他の3本は問題を見つめ、どのようにして官の迷路と腐敗の中にはまり込んだのかを探ろうとしている。その一方、ボゴタは実際のところ解決したように思える。」といっています。(IDFA

ちゃまはボゴタのことしか考えていなかったので、爆走というタイトルはおかしいと思いましたが、そういう流れの企画意図ならば、とりあえずの納得です。

デンマークで製作されている4枚組DVDではボゴタは最後の第4巻です。

3本、課題を見せてから、最後の1本で、解決した例を見せるというのなら、自然な流れです。

NHKの放送では順序を入れ替えてなぜボゴタが2番目なのかが不思議です。
Dvd

デンマークで販売されているもの。
ここではCPH:DOX、DFI、DRのCities On Speedと書いてあります。価格は250クローネ。
サイトが昨日なくなったcitiesonspeed.dkでの販売はEU外への販売もしていましたよ。
Citiesonspeedboks

JICAとの関係は・・・・

何も触れられませんでした

もし、日本の提案によってボゴタの都市交通が実現したのであれば、NHKの支援もある中で、「爆走都市」として取り上げられた4都市の中で、唯一の解決された都市であるボゴタに「日本の貢献」が一言でもあっていいのではないでしょうか。まったく織り込まれていないのはなぜでしょう

日本が貢献したと思っているのは、やっぱり、日本のJICAと国交省と外務省(のコロンビア大使館)だけなのかもしれません。


Dr

デンマークのCities On Speed情報


DRのCities On Speed情報

Cities On Speed

Directors Nanna Frank Møller, Mikala Krogh, Camilla Nielsson, Frederik Jacobi & Andreas Dalsgaard
Producers Helle Faber, Sigrid Dyekjær, Jesper Jack, Anna-Maria Kantarius & Henrik Veileborg
Produced by Upfront Films, Nimbus Film & Bastard Film
Co-Produced by DR, Sundance Channel, NHK, SVT, Al-Jazeera, DBS, ERR
Duration 4 x 1 hour
Year of production 2009
Original title Cities on Speed

Soon more than 550 cities world wide will have a population of more than one million. In 2030 80% of the world's population will live in cities. Megacities have traditionally been economic and political power centres but today the fastest growing cities are in developing nations. There is an acute need for new models of city planning to prevent collapses under such huge social, economic and environmental pressure. The NEW challenge is that cities today are made by citizens rather than city planners. If we are to create sustainability, it is an absolute necessity for us to understand the new modernity. Cities on Speed shows how four different megacities are dealing with this new modernity. What are the visions and the solutions and how do they affect the inhabitants?

SPACE /SHANGHAI
Shanghai is not just a city - it's an explosion of 4,000 skyscrapers, thousands of miles of highway, millions of citizens and thousands of government planners. Vast communities need to be expropriated to make way for new skyscrapers, roads and industries. The government tries to control it, the citizens try to use it but Shanghai is beyond control.

GARBAGE /CAIRO
Previously only 12 million people lived in Cairo and the city was neat and tidy. Today Cairo has a population estimated at 20 million with six giant Garbage Villages that have evolved into towns within the city. Nobody can keep up with the speed at which the city is growing and their garbage piles up in the streets.

TRAFFIC /MUMBAI
Urban planning can be tough in the world's largest democracy! Mumbai is growing like it was on steroids and a collapsing infrastructure could put an end to economic growth. Public trains are filled to the bursting point, traffic is nearing a complete gridlock. An eight lane high-way is being built out in the sea to try to compensate for the threatening collapse.

BEHAVIOUR /BOGOTA
In the early 90s, Bogotá was a city with big problems: Social inequality, pollution, out-of-control population growth and poor public transportation. Kidnappings were the order of the day and the city had the world's highest homicide rates. But unlike other poor megacities, Bogotá found a solution: In 1993 Antana Mockus stepped onto the scene and turned the city into one big social experiment.



Coxdox

CPH:DOX CITIES ON SPEED情報
コペンハーゲンドキュメンタリー国際映画祭のサイト
CITIES ON SPEED Film And After Party


CPH:DOX and 'Music from... Around' present Colombian psychedelic cumbia-electronica as well as DJs and VJs for a bargain 50 kr. The event will take place on 22 October from 23:30 hrs onwards in EMPIRE BIO, as an after-party for the premiere of the new Danish documentary film series about megacities in the 21st century - Cities on Speed.

BOMBA ESTÉREO FEAT. 2DVISUALS + BANG BANG CLUB
Bomba Estéreo is the spearhead of a new wave of urban Colombian music, which fuses traditional cumbia, bullerengue and champeta with genres such as dub, electronic music, hip hop and reggae. The result is highly danceable top quality music. Their latest album ESTELLA earned large international acclaim, and in the past few years, the band has toured throughout the whole world. Bomba Estéreo will be joined on 22 October by one of Denmark's hottest DJs, the Århus-based BANG BANG CLUB. In addition, the two VJs behind 2DVISUALS will host a live performance, mixing raw material from the four Cities of Speed films with Bomba Estéreo's own visuals.

It all starts at 23:30 hrs at Guldbergsgade 29f on 22 October, and tickets can be bought for a bargain 50 kr here.

THE 'CITIES ON SPEED' SERIES
In 1900, 10 per cent of the world's population lived in cities - in 2007 this number had risen to 50 per cent, and in 2050 it is assumed that no less than 80 per cent of the world's population will be living in cities. One of the results of this development is the rise of monstrous megacities which defy any form of urban planning, resulting in slums, social inequality, traffic chaos and worn-out infrastructure. Cities on Speed, which will be premiered during CPH:DOX, focuses on four of these 21st century megacities and their respective problems: SHANGHAI SPACE (directed by Nanna Frank Møller), MUMBAI DISCONNECTED (directed by Camilla Nielsson and Frederik Jacobi), CAIRO GARBAGE (directed by Mikala Krogh) and BOGOTÁ CHANGE (directed by Andreas Dalsgaard). The series paints a fascinating and thought-provoking portrait of the 21st century as the century of megacities.

If you would like to know more about the films, visit citiesonspeed.dk



以下ttp://citiesonspeed.dk/にアクセスできなくなっています。昨日アクセスしたのですけど。
また、http://www.citiesonspeed.org/ が coming soon となっています。昨日すでにあったのかもしれませんが、それには気がつきませんでした。

http://www.cphdox.dk/d/a2.lasso?d=2009600&n=1058&e=1
からリンクでcitiesonspeed.dk へ導かれたのですし、いまも上のリンクはそのままです。

なぜでしょう???



OM PROJEKTET ‘CITIES ON SPEED’ (サイト自体にアクセスできない状態です)

Over halvdelen af verdens befolkning bor i dag i storbyer. Og det anslås, at tallet i 2030 vil være steget til mere end 80%. I verdens største storbyer går udviklingen så stærkt, at planlægningen ikke længere kan følge med. I kolossale ’megacities’ som Mumbai, Cairo, Shanghai og Bogotà er befolkningstal i stigende grad noget man gætter sig til. Og byerne bliver ved med at vokse. Storbyernes grænseløse vækst skaber nogle nye og uforudsigelige problemer, som kræver utraditionelle og kreative løsninger. For når otte ud af ti af klodens indbyggere inden længe bor i storbyer, vil basale ting som for eksempel transport, skrald, plads og konstant forandring også påvirke den globale virkelighed.


Viden om de vildtvoksende millionbyer er nøglen til at forstå hvilke udfordringer deres eksplosive vækst rejser. Det handler om at finde nytænkende og bæredygtige løsninger på de problemer, som allerede er en realitet for indbyggerne i verdens tæt pakkede storbyer.


I 2007 initierede Det Danske Filminstitut (DFI) og Danmarks Radio (DR) med omdrejningspunkt i dokumentarfilmkonsulent Dola Bonfils og Michael Haslund-Christensen i samarbejde med DRs Mette Hoffmann Meyer derfor en serie, der skulle fortælle historien om det 21. århundredes megacities. Med støtte fra Danida, DFI, Dreyers Fond, Nordisk Film og TV Fond, NHK, Sundance Channel og Undervisningsministeriet blev de fire film om henholdsvis Shanghai, Mumbai, Cairo og Bogota således realiseret.


Filmene havde verdenspremiere på CPH:DOX i 2009.


citiesonspeed.dkのABOUT (サイト自体にアクセスできない状態です)

For the first time in history, over 50% of the world’s population is now living in urban areas. By 2050, this figure is expected to increase to 80%. At this very moment, giant urban organisms are growing at unprecedented rates. For some time now, growth in cities like Shanghai, Mumbai, Cairo and Bogotá has far outpaced planning. These cities are expanding so rapidly that urban administration and the keeping of official statistics have become largely impossible, and population figures are increasingly nothing more than rough estimates. They are truly ‘Cities on Speed.’

The Cities on Speed series consists of four documentaries, each of which pinpoints key problems in Bogotá, Mumbai, Shanghai and Cairo. Based on the perspectives of a series of noteworthy characters, the four films present drastically different views on the global megacity and the challenges brought about by their explosive growth. Cities on Speed portrays radical urban problems, and people with radical ideas on how to solve them: from underground parks in Shanghai and mime traffic police in Bogotá, to the so-called ‘garbage people’ in Cairo and 100,000 new Nano cars in Mumbai.

これも不思議です


そのほか

ボゴタ関連で見つけた、他の情報です

中国気象局(cma.gov.cn)のBuses May Aid Climate Battle in Poor Cities

コロンビアのボゴタはバス高速交通システムを導入した。これは交通流量を増し、スモッグを減らす。しかも地下鉄建設にかかる費用のほんの一部分ですむ・・・・

TreeHugger.com

最近スウェーデン、デンマーク、フランス、イギリスに行って、ヨーロッパのシティが効率的な交通政策をどのくらい推進しているのかを見てきた。イェーテボリ、コペンハーゲンなどでは、道路設計者は自動車道建設と同程度に自転車道建設を扱い、非常に注意を払っているように思えた。自動車道と自転車道は整合性を持って作られ、すでにある程度共生のレベルに達している。ここで思い出してほしいのは、ここは北方の街だということ。トロントもそうだが、イェーテボリもコペンハーゲンも雪が降る。でも、人々は一年中自転車に乗る。いまだ、わたしたちは第一世界になりたいと望んでいる。ハイテクな国、都市デザインのよりすばらしい例を求め、賞賛している。しかしだ! ボゴタのように病に瀕していた街でも(わたしは80年代中頃ここで働いていた)15年も経たずに自ら再生することができた。わたしたちは、トロントがなぜこんなにも遅れてしまったのかを自問自答すべきだろう。

Bogota – a good cycling city? (citiesforpeople.net)

From Cars to People, Buses and Bicycles 自動車から、人々、バス、自転車へ


Bicycling in Bogota – 3 steps to success
ボゴタでの自転車乗り – 成功の3つの段階


1. Build Bicycle Paths 自転車道を作る
すばらしい自転車道路網(bicycle path network)がだれでも簡単に安全に使える。老いも若きも。自転車道(Cycle paths)はさまざまな形と大きさがある。どれが一番いいか?わたしは場合によると思う。わたしはこのエンリケ・ペニャロサのガイドが役立つから好きだ。「8歳児に安全でない自転車道(bicycle way)ならそれは自転車ではない」

ボゴタの自転車道の一例。どう思う?
Ciclorutasmall 



2. Build other Bicycling Infrastructure 自転車に乗る基盤を作る。
自転車道(cycle roads)は距離だけの問題じゃない。だれが使うのか?どう使われるのか?(それ以前に)実際に使ってもらえるレベルのものになっているのか?

どこから始まってどこに行くのかわからない自転車道(cycle path)はたぶん使われない。接続がきちんとされていない、システムとして統合されていないものはたぶん使われない。

ボゴタでは、しっかりとした意図をもって、自転車道をバス高速交通系(BRT)のトランスミレニオに接続させている。たとえば、大型のバスターミナル近辺には使い勝手がよく安全面にも気を使った無料(!)の自転車収納施設を設置している。

Bike_parkingsmall


この収納施設は自転車の日常利用をたやすくしてくれそうでいいね。街中にすぐに使える公共交通があるのと同じ。


3. Inspire – Make it Fun! 楽しもう!

ボゴタではシクロビア(自転車道)が週に一回開催される。毎週日曜日午前7時から午後2時まで、120キロメートルもの道路が自動車を締め出し、自転車に乗る人、歩く人、そして楽しみに来る人々に開放される。これは楽しい。地元民の30%、2百万人が参加している。ストリートフィルムズのショートビデオを見てみよう。ボゴタの路上で人々が楽しむ様子が伺える。

たぶん、シクロビアはすべての街でおこなえるものではない。しかし、あなたの街でもなにか他のやり方で自転車に乗ることを楽しむ方法があるはずじゃないかな?

この自転車に乗るための成功への3段階はどう思う。なにか別のアイデアがあるかな?

« NHK BS1 ボゴタ特集 3月23日火曜日21:10
ボゴタ元市長が言っていること、世界でいわれていること、と違う!『JICAのボゴタへの貢献』という主張は、どう描かれているのか興味があります
| Main | 日本ではおばあちゃんが孫を自転車リヤカーに乗せているのが普通? »