« 業界の基本:バーリーリカンベントはレーザーから | Main | 視点:POSとはなんでしょう (2011年 ロレアルでの店頭宣伝POS使用も追加) »

業界の基本:2006年7月のバーリー マーケティングマネージャーのアクション

バーリーがつぶれるという掲示板の書き込みに
マークトゥイーンの『私が死んだといううわさは誇張だよ』という有名な言葉を冒頭で引き合いに出して、バーリーのマーケティングマネージャーが、バーリーはいい方向に変わろうとしている。質問あれば連絡くださいと、名前、電話、電子メールを出して書き込んでいました。こういう姿勢がある会社は応援したくなります。

http://www.bikeforums.net/showthread.php?t=210551


マーク・トウェインの「私が死んだという噂はかなりの誇張と思われます("The rumors of my death have been greatly exaggerated.")」についてはご存知だと思います。今回のバーリーの件も同じです。私たちは生きており、元気で、製品に対する需要も私たちの期待を超えています。現時点で需要に見合うだけの必要充分なタンデム車、自転車リヤカー、ロード自転車、リカンベント車をつくり続けられていないのが私たちの抱える最大の問題です。そのためリードタイムが長くなっています。

多くの皆さんが、最近のバーリーの変化をご存知と思います。この変更はバーリーがさらに積極的に進んでいくためのもので、いままでバーリーが受けてきた評価を維持していくために必要なものでした。

ご質問、ご意見がございましたら、どなたでも、ご連絡いただければと存じます。電話でも電子メールでもこのバイクフォーラムからでも結構です。

カーリー・リーバーマン
マーケティング・マネージャー
バーリーデザイン
電子メールアドレス
電話番号

です、すばらしいですね。

« 業界の基本:バーリーリカンベントはレーザーから | Main | 視点:POSとはなんでしょう (2011年 ロレアルでの店頭宣伝POS使用も追加) »