« 賢く改善しよう | Main | 考えたことがありませんでした »

「自転車置き場に置けない」と選択肢からはずしてしまう前に!

メインメニュー > 「自転車置き場に置けない」と選択肢からはずしてしまう前に!

Parklingfoto02子供を大切にする社会なら、自転車置き場でもおいてくれるでしょう。公共の駐車場で、そういう対応をする社会に!

ちなみに、うちでは通勤には使っていませんが、自転車子供載せリヤカーで行く先々での駐車場では、係員のおじさんに相談すると、いつも、「ここにおいていいよ!」と笑顔で、親切に、置ける場所をあけて(見つけて)くれます。こんな場所があったんだ、こんなところに置かせてもらえるんだなんて思うこともしばしばです。一般自転車以上の扱いをしてもらったことこそあれ、こんなのだめなどということは駐車場ではまったくありません。唯一、車道を走る際の車のクラクションでしょうか。特に東京都心での走行時には参りましたが。(歩道を歩く歩行者に歩道を走る自転車がベルをならすのは法令違反なのと同じで、車道を走る自転車にクラクションを鳴らすのは法令違反ですよ!でも今の警察はそれを注意しませんからね。) 気の持ちようでしょうか。いや、個々人はやっぱり子供には優しいんです。交通行政には自動車中心を見直す動きを要望しますが、現状でも一人で悩まず、コミュニケーションすることが基本ですね。世の中そんなに悪くありません。少なくともいまのところ。

子供載せ自転車リヤカー利用時には常に歩道を走っていいオーストラリア オーストラリア、ビクトリア州自転車NPOの子供載せガイド

« 賢く改善しよう | Main | 考えたことがありませんでした »