« Leggero レジェロ 画像 | Main | MEC マウンテンイクイップメントコープ »

WIKE ワイク(バイク?ウィケ?)

Pi Manufacturing Inc.

カナダ オンタリオ州グウェルフ(Guelph, Ontario Canada ) トロントのデトロイト寄り

Logo_wike

1993年設立、設立時から自転車リヤカーを製造販売。製品は直接販売。WIKEは、「家族の楽しみには自転車リヤカーがとても楽なやり方だ」といっています。 WIKEよりも前にはWicycleと名のっていたようです。

公園に出かける、ビーチに向かう、図書館に行く、など、おでかけというレクリエーションが、自転車子供載せリヤカーでとても楽にできるし、また、自転車子供載せリヤカーは毎日の子供の送り迎えにも、自動車を運転するよりも健康的、さらには、ショッピングモールやスーパーに自転車でいって、駐車場で自動車をどこにとめるかなど考えることもなく、ストローラー(ベビーカー)にしていけば、子供をわざわざ降ろすこともありません

と家族の便利さを強調しています。それから「フィットネスとしてもサイクリングを日常生活に取り入れることが体重を減らし、見栄えを抑止、健康になれる」といってますし、「環境にも最適だ」と。それに「Wike製品は1000マイル(1600km)の使用を前提に製造している」とも。Contactのページでは、誰がどの部分を作っているかの製造風景が見られます。ファミリービジネスですね。雰囲気いいですね。こういうのは好きです。

ユーザーからのコメントも呼んでいて面白いなと思います。子供だけでなくスペシャルニーズな人たちがモビリティを得るための道具としてWikeを選んでWikeに乗りながら幸せも一緒に運んでいるようなのです。あるコメントでは盗難にあったことを伝えたら一台無料で送ってくれてびっくりしたとか書いてあります。

Wikeに好意的なレビューを掲載しています。それを読むと、自転車接続用部品が2つ標準でついてくることが書いてあります。珍しいですね。

  • Premium Double/Single
  • Moonlight Double
  • Special Needs
  • Dog Trailer
  • Cargo Trailer
  • Canoe Trailer


Wike_trailer

Wikeのヒッチはドーナツ型エラストマー
ブラケットWike_hitch_bracket

どのメーカーの自転車子供載せリヤカーを選んだとしても、安全の観点からは適切に使用するということが最重要です。以下に安全に関してアドバイスを載せました。お役に立つと思います。子供載せリヤカーを自転車に正しく付けること、安全ベルト(セーフティストラップ)をしっかり結ぶんでください。道路上で子供載せリヤカーが自転車からはずれると大事故となります。
  • 自転車のヒッチと安全ベルトが正常かどうかしっかりチェックしましょう。
  • ラップとショルダーベルトをいつも使うようにしましょう。
  • いつもヘルメットをかぶるようにしましょう。
  • 交通の多い道での自転車子供載せリヤカー使用は避けましょう。
  • 乗車の際は常に気をつけていましょう。前方に十分な距離をもって走りましょう。
  • 重ければ重いほどブレーキ時の距離が伸びます。
  • 自転車子供載せリヤカー走行により走行時に必要な車幅が増します。細い道を行くときには気をつけてください。
  • まずは交通の多くないところで自転車子供載せリヤカーを試し乗りして練習しましょう。
  • 自転車子供載せリヤカーを引っ張ると自転車の動きが変わります。
  • 乳児は乗せないようにしてください。


WIKEでは、自転車専門誌 バイシクル誌2002年7月号 が掲載した自転車子供載せリヤカーの記事も紹介しています。

2002年7月の世界的なサイクリング出版誌"Bicycling"が代表的自転車子供載せリヤカー6台を評価し、Wike MoonliteがBurley D'Liteと同等であるとランク付けしました。5段階評価の4.5です。

以下は会社の紹介からです・・・・


Wike自転車子供載せリヤカーは14年以上の生産販売の実績があります。

90年代に自転車販売店向けに販売した数百台は例外ですが、私たちはずっと直販ブランドとしてお客様に接してきました。

ここに私たちの会社がどのように成長してきたかを少しご紹介します。

最初のWike折りたたみ型自転車子供載せリヤカー

最初のWikeは1993年で15ポンドの重量で折りたたみ式連結棒を備えていました。これが第一回Wikeセールスイベントの目玉としました。

すべてにあたる17台、自転車に牽かれてゲルフ・ファーマーズ・マーケット(Guelph Farmers Market)に販売しました。(ちゃま:ゲルフ=>グェルフ http://www.guelphfarmersmarket.com/、http://blogari.zaq.ne.jp/Kazemachi/article/201/、http://bbs.jpcanada.com/oldlog/11/3831.html)

私たち独特の牽引方式は自転車子供載せリヤカーを簡単にプッシュカート(ベビーカー)に変えられるもので、これはいくつかの特許申請をしました。しかしながら、巨大な会社が幾千台もの違法コピーを作り大規模販売者(マスマーチャント)から販売することを阻止することはできませんでした。

Yike電動車(The Yike electric vehicle)

私たちは大規模販売者と巨大会社を特許権侵害で訴え、私たちが勝訴しました。現金で事を解決し、これで私たちは電動車を作りました。デザインを洗練させ、さらに多くの特許を申請しました。

次に、小さな工房に引越し、『Wike Moonlite』の製作を開始しました。インターネットが世界中の人を私たちのドアまで連れてきてくれます。そうして2002年には世界最大のサイクリング出版物の"Bicycling"誌がそのレビューで世界に名だたる自転車子供載せリヤカー、バーリーと同じとランク付けしました。私たちはもっと多くのWike製作で忙しくなりました。

さらに、Wikeを改良し、さらにたくさんの特許を世界中で申請しました。Wikeをベストにするためです。

2006年のWike Moonliteムーンライトは、最高に広くて(ルーミーthe roomiest)、最高に空力抵抗に優れ(most aerodynamic)、最高に速く組立折りたたみができ(fastest to fold and assemble)、最高に変換が簡単で(easiest to convert)、最高に軽くて(lightest)、最高に安定(most stable)しています。『Adventure Cycling Magazine』誌で私たちのWikeは他の自転車子供載せリヤカー9台と共にレビューされ、私たちも納得しました。彼らはこれはたぶん最も価値がある(ベストバリュー)としたのです。

多機能の子供運搬具でほかになにをお望みですか?私たちは最良のものを直販でお届けしています!15日間のmoney back guaranteeです。

小さいながらもしたたかなスピリットですね。ちゃま自身は、この自転車子供載せリヤカー、ベビーカー(Wikeではプッシュカート)としての見栄えもいいなあとおもいます。


日本への出荷は北欧、南欧、オーストリア、スイス、韓国、シンガポールと同じで228ドルでとあります。イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、デンマークが214ドルだから大差ありませんね。日本で買った人がいるんだなとおもったら、いました http://trike.blog.f2u.com/

北欧にもありました
Cykelkaerra_foer_12_barn

製造元へのリンク
http://www.wicycle.com/
(英語)

« Leggero レジェロ 画像 | Main | MEC マウンテンイクイップメントコープ »