« Croozer
- Croozer Designs クルーザーデザインズ
| Main | Vantly バントリー - 環瑋企業 Fran Wheel Enterprise »

Vitelli フィテリ

Vitelli Velobedarf AG フィテリ ベロベダルフ社

スイス バーゼル

VitelliBuggyバギーは、子供載せ自転車リヤカーの元祖”キャノンデールのバガーBugger”にインスパイアされて作ったと高らかに宣言しています。バガーのように強化プラスチックを前方45度に傾けて後ろ向きに2人を乗せる仕様となっています。連結もサドルポスト部で、自転車を倒しちゃいけないタイプです(と思っていましたら、キャノンデールユーザーで倒しても自転車リヤカーは倒れないといっている人がいました)。屋根をかぶっている写真だと小さめに見えますが、下のモノクロの子供が乗っているのを見るとそれなりに大きいことがわかります。これはバガーそのものです。違うのは後部の反射板くらいのようです。これは法の違いで変更したものではないかとおもいます。

スイスのバーゼルは、フランスとドイツとの国境に接しています。EUの法律に縛られない場所でありながら、EUへの流通に最適の地です。
View Larger Map
自転車会社のBMCもバーゼル。カナダのドレルのブランドとなったアメリカの自転車ブランドキャノンデールも独立会社時代からヨーロッパ拠点はバーゼル。
フィテリ社のパーツ類のカタログを見ると、このバギーの部品で1992年以前と1993年以降で分かれているようで、つまり1992年以前にあったということです。それと同時に、フィテリ社の2005年のカタログではキャノンデールのカバー、ベアリング、連結用パーツなどの補充部品を販売していました。2005年です。このバギーはインスパイアされたというよりもキャノンデールのOEMそのもので、キディカートと同じなのではと思えるのですが。キディカートもOEMだとはどこにもないのですけど。

また、フィテリでは最後のバガーを"Bugger V"や"Bugger Modelle 5"としています。また、Bugger B005とB006用の幌Art. 7027が適合で、B003とB004ではArt. 3064 が適合と書いています。バガーはVまでの5番目、あるいはB006という6番目のモデルまであったということと思えます。B006とはBuggerの006番目のモデルを示すフィテリの番号のようです。

バギーは写真ではスポークではない車輪なのですが、スポーク車輪もあったようです。というか、スポークカバーをつけているのが標準かそうでないかということでしょうか。キャノンデールのバガーもそうですが、このデザインだと、乗っている子供が身を乗り出せば車輪に触れることができるます。手をスポークにはさむかもしれないということで、現在のものに途中で変更されたのではないかと思います。

そして、2007年のカタログでは、製造終了として補充部品のところに乗ることとなっていました。部品をできるだけ供給しますと書かれています。ここのカタログはわかりやすいですね。会社のユーザー対応の良さを感じます。そしてキャノンデールパーツも供給が続いています。

フィテリ社は他に荷物用自転車リヤカーや一輪車なども販売しています。

Vitelli_buggy2Vitelli_buggy3

スイスの自転車雑誌のVeloJournal(ベロジュルナール)誌の2001年時点のモデル比較:ここではLeggero レジェロ、Chariot チャリオット/シャリオ、Burley バーリー、Wintherビンタ、Weberベーバーと比較されています。この記事でわかりますが、Vitelli自身は卸のディーラーでもあって、スイスむけにデンマークのWintherビンタ、ドイツのWeberベーバーやMonzモンツの総代理店となっています。さらにそのほかにもVitelliは自転車関連、自転車関連アクセサリーも手広く取り扱っている会社です。



製造元へのリンク
http://www.vitelli.ch/
(スイスドイツ語)

Vitelliused1
Vitelliused2




http://www.lahrrad.de/deutsch/Velos/Gebrauchte/Bugger.html
このアンヘンガーは子供が後方を向いて座る。
最初見ると親からは文句が出るが、乗ると感激に変わる。
子供は後ろ全体を見渡せるし、風や後輪の跳ね上げからは守られている。
座面はしっかりと囲まれ、二重対角線の安全ベルトで快適性と安全性が保たれている。
スイス品質の製品。

hersteller製造者はキャノンデールのライセンスを得てVitelliが製造

モデルはBuggerでKinderanhänger für 2 Kinder

rahmenformフレーム構造はFeste Schale硬い椀状

本体重量11,7 Kg

積載重量60 Kg

色 黒に赤カバー(もあるらしい)

泥除け 一体型

荷物 自転車荷台の両サイドにバッグを取り付けることで可能。牽引棒上にカゴを取り付けるか、別のバッグを取り付けることも可能。

シートクッションは取り外し可、洗濯可

ハブは軸差込型でベアリングは産業用

アルミリム、スポークはステンレススチールディスクカバーで指巻き込みを防止

後部ライト(Rücklichtern)はダイナモ式(Speichendynamo)2個。駐車灯(Standlicht)1個。

自転車連結器は別売(価格に含まれない)


フィテリのカタログではまだキャノンデールバガーの部品が掲載されています。"Bugger V"とありますね。
Vitellibuggerv


« Croozer
- Croozer Designs クルーザーデザインズ
| Main | Vantly バントリー - 環瑋企業 Fran Wheel Enterprise »