« Blue Bird ブルーバード(青い鳥) / Kranich クラーニヒ(鶴) - Monz モンツ | Main | Kidarooz キッドアローズ(キダルーズ?) »

Leggero レジェロ

2009年ニューモデル
子供リヤカーに再参入
Er ist ein Schweizer Qualitätsprodukt.
スイス高品質製品
レジェロのロゴも一新?Leggero_vento
自転車リヤカー
『レジェロ・クラシコ』の再来;
ニューデザイン、ニューネーム:
『レジェロ・ベント』
Leggero Vento
2002年、職業訓練91名、作業者計349名
2003年、ニューヨークで輸入業Leggero-Corporation。職業訓練95名
2004年、新ブランド4pets投入。職業訓練106名、作業者計409名
2005年、Leggero子供自転車リヤカー事業撤退。職業訓練122名
2007年、Minergie-P-StandardミネルギーP標準で改築増築。職業訓練139名
2008年、9月新規オープン。クラシコの新タイプ、名前も新たにVentoベントとして投入。 職業訓練189名、作業者計500名
2009年、職業訓練229名、作業者計634名
(詳細は原文へ)



Brüggli Produktion und Dienstleistung

Logo_leggeroスイスのドイツ国境ボーデン湖湾岸のRomanshorn(ロマンスホルン 温暖気候で南欧風の豊かな植生だそうです)ここのBrüggliブリュグリ社のインタストリーセンター(Industriecenter)という部門でレジェロアンヘンガーがつくられています。ブリュグリでは自身の製品群カテゴリーを"KinderCaddy(キンダーキャディ)"と紹介しています。一般的な呼び方はスイスではVeloanhängerベロアンヘンガー、ドイツでKinderfahrradanhängerキンダーファールラートアンヘンガーです。イギリスなどでも販売されていて欧州一般にメジャーなメーカーです。

いくつか名前がでてきたので整理しておきましょう。
ブリュグリが会社名。インタストリーセンターが部門名。レジェロが自転車リヤカーのブランド名。自転車リヤカーはスイスで一般的にVeloanhängerベロアンヘンガーと呼ばれます。キンダーキャディが子供用自転車リヤカーの自称カテゴリー名。スイスで一般的にVeloanhänger für Kinderベロアンヘンガーフューアキンダー。そして、クアトロ、ツイスト、クラシコ、ピコなど以下にでてくるのがモデル名です。ネットでは、それぞれ、http://www.brueggli.ch/、インタストリーセンターhttp://www.industriecenter.ch/、レジェロhttp://www.leggero.ch/として情報を出しています。インダストリーセンターでは電気自動車http://www.e-mo-car.ch/に力をいれはじめているようです。


Leggero_twist会社のWebサイトの歴史欄をみると、ブリュグリは精神疾患をもつ人々の働く工房として1987年に開所したとのことです。

前年の1986年に設立基金がロマンスホルンに置かれ、87年開所当時はテキスタイル(織物)の生産から開始。1988年には機械の組立、オフセット印刷、障害者向けの介護サービスや輸送サービスもはじめたとのことです。

そうして1989年に子供を乗せる自転車リヤカー(キンダーファールラートアンヘンガー)を造り始めました。これがレジェロの始まりです。ブリュグリはインターネットプロバイダーやインターネットカフェなどもやったようです。そうして、レジェロは2000年にはツイスト、2002年にはブリュグリ15周年の年でクアトロを登場させました。

でも、2005年に子供用のアンヘンガー(リヤカー)からは撤退しペット用アンヘンガーのDogbox-Linieに切り替えられました。2006年の人員は406名だそうです。(撤退の話はvelojournal 赤ちゃんを乗せる際に 2005年4月の下のほうに載っています。)

モデルショートカット

90年代にClassico(クラシコ)がヒットして、スイスでレジェロといえば、子供リヤカーの代名詞だったそうです。ところが、その後に出したTwist(ツイスト右の画像)やCuatro(クアトロ)が失敗だったそうです。2003年には社会的影響力絶大なtest誌で11モデル中クアトロがブレーキ付きモデルなのにブレーキが効かずさらに安全ベルトも効果がなかったとして最高価格モデルなのに安全性で最低評価となり、さらに、2005年4月にADAC(全ドイツ自動車協会)がおこなったモデル比較でTwist(ツイスト)が「安全に問題があるモデル」として判定されてしまい、この結果、すぐにアンヘンガー撤退を決めたようです。

2001年時点のVeloJournal(ベロジュルナール誌)モデル比較記事ではTwist(ツイスト)、Classico(クラシコ)、Picco(ピコ)が掲載されています。

Chf20090204

以下日本円換算は2008年2月頃のものです。2009年2月ではかなり異なります。



  • Twist 定価CHF 495 (48500円)のものがCHF 333(32500円)で、またリアバッグ(CHF 139)とセットでCHF 400(4万円)で販売中。2008年現在でも販売しているところが割りとあります。在庫終了まで販売をつづけるということなのでしょうか。それにしてもかなり長い感じですけど。
    Leggero_twist_kit_jogging

    このモデルは重量15kg。折りたたむことはできません。

    Leggero_classico_121Leggero_classico_121bLeggero_classico_121c

    Leggero_twistkofferkleinそのままだと荷物室がないので、背負えるオプションのバッグがあるようです。(左の写真)

    Leggero_trike
    このツイストをリカンベントトライク(三輪車)仕様にした話はこちらこちらです。

    ドイツのミュンスターのレンタルサイクルで貸し出される自転車リヤカーの写真に写っているTwist自転車大好きマップ・フォトギャラリー



  • Cuatro 1 & 2Leggero_cuatro_2Leggero_cuatro_1Leggerocuatro - クアトロシリーズはスタイリッシュにデザインされた見た目にもいい自転車リヤカーですが、Cuatro 2 は2003年のtest誌評価の際、最低の評価を受けていました。この時ドイツで使用する際は1130ユーロで販売されていたブレーキつきのハイエンドでしたが、このブレーキだか安全面に問題あるとされての最低評価。この車はブレーキなければ790ユーロなので、ブレーキ代はかなりのものでした。

    * Fahrradanhänger Cuatro: 重量 18 kg
    * 最大重量 60kg(ドイツでは道路交通法StVZOで自転車アンヘンガー許容重量は40kgまでと制限あり)
    * 全長(連結棒含まない)95x幅84x高さ100 cm
    * 車輪20インチ プラスチック ボールベアリング使用
    * 床はAlu-Dibond[アルミディボンド(アルミ合金板をポリエチレン芯材ではさんだ複合材)]で補強されたABSプラスチック製
    * アルミフレーム
    * 連結棒はクロム綱

    * 日よけ雨よけ幌

    * 3層ネット着脱式シート

    ユーザー:リカンベントでクアトロ1を引っ張っている画像多数。こちら

  • Leggero_classico_smaragdClassico
    クラシコ

    クラシコは下のピコの兄貴分モデルで一般的な自転車リヤカーの形をした折りたたみ式。スイスでレジェロの時代を築いたモデル。
    重量12.5 kg 、材質 アルミ、変換キットなし
    、積載重量 50 kg 、シート幅 58 cm 、
    車幅 87 cm 、シート高 56 cm 、長さ 81 cm 、シート奥行 55 cm 、車輪 20x1.75、高さ 85 cm 、、アルミフレーム 、連結器2個付属
    スイス製、479ユーロ

    クラシコ画像 その1

    クラシコ画像 その2

    クラシコ画像 その3


    Leggero_classico_user1Leggero_classico_user2

    Leggero_classico_user3
    オーストラリアのクラシコユーザー。おかあさんはMTB、おとうさんはリカンベントで交代で引っ張っています。眠っているのはアンナちゃん。2002年の風景です。


  • LeggeropiccoPicco - 「ピコ」は「クラシコ」の弟モデルと呼ばれていたようですが、形はずいぶん違います。同時期販売の上下関係を表すだけですね。=>ドイツのバンビーノ Bambinoで同じ形のモデルがあって、もしかしたらクラシコの前モデルはピコと同型だったのでは・・・と思い始めています。まだ現物はみたことがありませんけど。

    このPiccoはバントリー製のようです。そういわれると、上のClassicoもよくあるバントリー型ですからその可能性もあります。

    *重量(空)11kg
    *最大積載量 50kg
    *車輪サイズ 20インチ
    *床面:ABS(プラスチック)
    *装備:安全ベルト子供2名分
    *
    *全長142cm(牽引棒を含めて)
    *幅86cm
    *座席は簡単に取り外せるため、荷物リヤカーとしても使える
    *折りたたみ可
    *車両後部に収納部
    *12ヶ月保証

    また別の情報では以下のようなものもありました。
    *車両寸法車輪込(cm):幅83 x 長さ85 x 高さ85
    *プラスチック床寸法(cm):幅56 x 長さ75
    *座席寸法(cm): 幅55 x 奥行25 x 高さ65
    *子供2人なら4歳まで、子供1人なら7歳まで


    ピコ拡大画像


  • Fumo
  • Fumo 2
    Leggero_fumo_2


  • Leggero_tourTour 「ツアー」は荷物用リヤカー

http://www.leggero.com/

« Blue Bird ブルーバード(青い鳥) / Kranich クラーニヒ(鶴) - Monz モンツ | Main | Kidarooz キッドアローズ(キダルーズ?) »