« Schwinn Joy Rider 現行タイプ 画像 | Main | Bell 画像 »

Kindercar キンダーカー

Kindercar_logoKindercar_logo
Kindercar キンダーカー

ドイツ バーデン地方の中心地、カールスルーエの自転車リヤカー専業のブランド。Redwan & Sabine Massoud GbRという会社がやっていまし。この会社は他に乗馬用品とかを扱うネットもやっているようですが、それぞれ別で子供載せ自転車リヤカーでは会社名よりもキンダーカーブランドを強調してやっているようです。この会社の親会社がおなじカールスルーエにあって、Bike - Sport - Szene - R. u. S. Massoud GbR といいます。こちらはhttp://www.bike-sport-szene.de/をやっています。

Kindercar_city 以前のKindercar City
- アルミバスタブ型床の上に90年代後半型バーリー風スタイルのキャビン部



Kindercar_jogger_modeKindercar_trailer_mode

左:Kindercar City SSL ジョガーモード 右:City Light EL
* アルミ床と布床の違いをみてください

キンダーカーではキンダーファールラートアンヘンガー(子供載せ自転車リヤカー)を中心に、カーゴキャリアも販売しています。米国ではバーリーがハイエンドといわれて推奨されていますがその米国のバーリーがドイツで販売する値段より同じか高いくらいの値段です。キンダーカーの位置づけはミドルクラスからハイエンドでしょうか。ドイツの専門誌のある評価では、Weberの2モデルがトップと最下位でキンダーカーもわりと上位でバーリーはそれより下でした。ドイツではWeberがハイエンドとして推奨されているようですね。キンダーカーもWeberの部品を使用しているようです。Kupplungssystem(クップルングスズュステーム) =ヒッチはWeberのロックできるものが標準でついてます。このタイプは米国ではみませんね。ところで、Weberは車輪のリムはプラスチックですがキンダーカーは「プラスチックは安全の観点から絶対使わない」と宣言しています。協力していながらも自己の立場をきちんと主張するところはドイツらしいなと思ってしまいます。

  • Der Kindercar City SSL (アルミ床/贅沢装備) 600ユーロ
    バリエーションとして
    • Der Kindercar City SSL Elegant 650ユーロ
    • Der Kindercar City SSL R1 650ユーロ
    • Der Kindercar City SSL Kompact R1 700ユーロ
    • Der Kindercar City SSL BIG R1 750ユーロ
    • Der Kindercar City SSL Handicap R1 1000ユーロ
  • Der Kindercar City Light EL (布床/贅沢装備) 550ユーロ
  • Der Kindercar City Sport SC (アルミ床/快適装備) <=最新 550ユーロ
  • Der Kindercar City Sport Light EC (布床/快適装備) 500ユーロ
  • Der Kindercar City Panorama SG (アルミ床/基本装備) 500ユーロ
  • Der Kindercar City Panorama Light EG (布床/基本装備) 450ユーロ
  • Der Kindercar City Doggi (犬用)
  • Die Kindercar Transporter (荷物用) 470ユーロ

SS=sehr sicher(ゼーアズィヒャー) 大変安全
S=sicher(ズィヒャー) 安全
E=Stoffwanne(シュトフバンネ) 布地床

L=Luxusausstattung(ルクススアオスシュタットゥング) 贅沢装備
C=Comfortausstattung(コンフォーアアオスシュタットゥング) 快適装備
G=Grundausstattung(グルントアオスシュタットゥング) 基本装備

オプション類

  • Federung(フェーデルング=サスペンション)
  • T-Griff テーグリフ=T型ハンドル: 自転車が使えない砂浜などで利用
  • Joggerset ジョガーゼット: Joggeroption 16"(16インチプラスチックリムホイール)、20"-Skateroption(20ツォルスケイテルオプツィオーン)スポーク20インチタイヤとブレーキのセットでベビーといっしょにスケート!
  • Joggerbremse ジョガーブレムゼ: ジョギング時のブレーキ
  • Sonnendach(ゾンネンダハ):日よけ、標準の3-in-1Verdeck(フェアデック=ほろ)よりも遮光率が高く、また、前後にネットを装備/ Klarsichtdach(クラールズィヒトダハ)=クリアルーフ:外置き時のカバーに、
  • Weber(ベーバー)のKupplungssystem(クップルングスズュステーム) =ヒッチ:City SSL, City Light EL, Sport SC, Sport Light ECにはすでに標準装備のヒッチ。ロックで盗難防止。後輪車軸部ステイの三角コーナーにつける。他にWeber B-KupplungとWeber E-Kupplung。B型はスタンドとの一体型でスタンド長調整可能。E型は三角コーナーを持たない車向け。こんなに気をつかっているのはなかなかないですね。

キンダーカーでは安全を考え、怪我の危険性が増すプラスチックの床は使用しないことにしているとのこと。年数が経つとプラスチックは紫外線のため弱ってしまいさらに危険だとのこと。そのため、子供の安全を第一に考えるのであれば、Aluwanne (アールバンネ=アルミ桶=アンヘンガーの底が桶状のアルミで形成されているもの)を使用したKindercar City SSLが最もお勧めとのこと。床がプラスチックでなければいいのではなく、フレームなどをプラスチックの鋲で留めているようなものは、そのプラスチック部が劣化するので危険ともいっています。そのあたりの気配りを、ssはsehr sicher = 大変安全, sはsicher=安全という名前にあらわしているとのことです。

キンダーカーはレンタルもやってます。

Kindercar_city
Kindercar_verdeck_3in1

Kindercar_xl

製造元へのリンク
http://www.kindercar.de/
(ドイツ語)

http://www.kindercar-fahrradanhaenger.de/に変わっています。

« Schwinn Joy Rider 現行タイプ 画像 | Main | Bell 画像 »