« Weber オプション | Main | Leggero レジェロ »

Blue Bird ブルーバード(青い鳥) / Kranich クラーニヒ(鶴) - Monz モンツ

Blue Bird ブルーバードとKranich クラーニヒ

Monz GmbH & Co KG(モンツ社)

ドイツ ラインラント‐プファルツ州トリーア ルクセンブルク国境近く

1929年創業で自転車、ミシン、オートバイを製造。自動車を作ったこともあるらしい。自転車製作、輸入販売。 Multifunktionsanhänger(多機能リヤカー) / Kinderanhänger(キンダーアンヘンガー:子供載せリヤカー) / Jogger。低価格から中程度の価格での子供載せ自転車リヤカーの中では定評ある位置を占めているようです。


Monzbluebirdremorque02ba_2Kinderanhänger / Jogger / Einsitzer Art. Nr. 66007 モンツ2009年カタログの冒頭商品。一人乗せ。BlueBirdマークがついているのですが、商品名にはありません。
製造元:台湾企業 Fran Wheel Enterprise社(環瑋企業社)の中国工場会社製Vantly2009年モデル

Monz_2009_kinderanhaengaer
製造元:中国企業榮邦機械社(ろんぱん)製T-4バリエーション
以前BlueBird名で販売されていた二人載せもまだあります。‘Blue Bird Vario’ & ‘Vario light’ でしたが、2009カタログではこちらも掲載されている写真のリヤカー本体にはBlueBirdマークがあるのにカタログ上の商品名にはありません。左の7種は同じAluwanneアールバンネ(アルミ床)でつくられた荷物載せ、犬載せ、子供二人載せの自転車リヤカーです。(下のBlueBird(旧型?)に続く
モデル Kinderanhänger „Kranich“
クラーニヒ 子供載せ自転車リヤカー
Monz_kranich
Kinderanhänger
子供載せ自転車リヤカー
子供載せ自転車リヤカー DUAL
Monz_kinderanhanger
クラーニヒロゴがついて販売されたものがあります(別ページへ)が、リニューアルされたMonzに掲載されている2009年カタログでは、まだこの区分です。
Kinderanhänger Blue Bird Dual
ブルーバードDUAL子供載せ自転車リヤカー
Monz_bluebird
製造元 中国企業榮邦機械社(ろんぱん)製T-2シリーズ ろんぱん製Tx-9シリーズ 台湾のVantlyバントリーのBT9924型
同型 イギリスのムーアラージ社のAdventureブランドの新型AT2やAT3、スウェーデンなどのWheels
黄/赤/青 gelb/rot/blau Silver / yellow / black
フレーム スチール スチール アルミニューム
特徴 ショックアブソーバー、縫い目に反射素材/DUALはジョギング機能つき ジョギング機能つき
車輪 20インチスチール 20インチQR 20インチステンレススチール
外形 77,5 x 86 x 25 cm 84 x 89 x 88 cm 84.8 cm x 87 cm x 22.3 cm
内部 53 cm 55 cm 55 cm
上部 58 cm 56 cm 62.7 cm
奥行 22,5 cm 21 cm 19.9 cm
単体重量 14,5 kg 21.6 kg 14.8 kg
最大 45 kg 40 kg
ハブ装着型ヒッチ あり あり あり

2人、安全なフレームで87センチ幅、道具要らずの容易な組立て。折りたたみ式。 ポリエステルの靴収納、 折りたたみ式のドローバー、 5ポイント安全ベルト、 ロールバー、 補強されたサイドウォール、 太陽、雨、フッド、 大きなサイドウインドウ、 蚊よけ網、 室内のポケット2箇所、 後部の大きな収納、 荷物用ネット、 反射板、前方2箇所(白)、後方2箇所(赤)、車輪スポーク左右2箇所(黄)、 安全旗、 前方後方のランプがオプション

kranich_anhaenger.jpg




新型クラーニヒかな? (上のKinderanhänger子供載せ自転車リヤカー) 2008年はじめには名前のないキンダーアンヘンガーとして販売されていたのに、2008年後半にはクラーニヒとして販売されているもの。(下) 詳細
製造元:中国企業榮邦機械社(ろんぱん)製TJ-9

Bluebirdnew

Bluebirdsuspension



Blue Bird ブルーバード(旧型?) (下) このブルーバードのアールバンネ仕様は、ドイツのTEST誌での製品評価で価格がほどほどで優秀と評価されたものです。

製造元:中国企業榮邦機械社(ろんぱん)製T-4バリエーション
  • Blue Bird (mit Aluwanneアールバンネ:アルミフロア)
  • Blue Bird - Dual
  • Blue Bird - Sport
  • Blue Bird - Brake (mit Auflaufbremse
  • Blue Bird - Basic
  • Blue Bird - mit Kunststoffwanne
  • Blue Bird Vario & Vario light 

ベーバーのヒッチも販売しています。

Bluebird

Bluebirdfront

2006年3月にスイスのtoptenでのモデル比較があります。チャリオット、ベーバー、キットカル(キッドカー)、ビンタ、バーリー、クルーザーといったモデルと比較されています。Monzモンツ自身がドイツの自転車では古株のようですが、アンヘンガーとしても、それなりの地位を占めていることがこのラインナップに組み入れられていることからうかがい知ることができます。

2003年5月のドイツの製品評価誌testでのアンヘンガーテストで高額なドイツ製ベーバーリッチーとオランダ製キンダーカーとならんで割安なブルーバードが中国製ながら推奨されています。このときのBlue Birdはアールバンネ:アルミフロア仕様のやつでした。Blue Birdも単にその名称だけだと結構なバリエーションなので惑わされます。test誌のテストでも足の下が垂れ下がっているものは危険とされて評価が下がっていますが、このときはKool-Stopのみ具体的に指摘されていて、こちらのBlue Birdはアールバンネモデルで推奨され、他の「布ホリゴタツ」仕様のBlue Birdについてはまったく触れられていませんでした。Blue Birdはシリーズの大半がそのタイプですから、先のtest誌での評価は誤解を与えかねません。読み違えると大変なことになります(『test誌』 評価にバイアスを見る) しかも、2008年現在ではその危険とされたタイプのものしか販売していないようです。66007型

しかし、このアールバンネ:アルミフロア仕様と同仕様で名前違いのもの他社からも販売されていて、ドイツでは、普及型でも定番となっているようです。LidlのLittleVanなどがあります。


Bluebird5469_1


Bluebird_oldブルーバード名でリサイクルにだされました。ドイツです。台湾のバントリー(中国製)のものですが、アメリカ(パシフィックサイクル Voyager II)にありましたが、ドイツにもありました。マークがBlueBirdマークになってるだけの違いのようです。

Monz_bluebird_voyager_type 上のVoyager IIタイプと似ていますが、特長ある側面の波型デザインが直線的になっています。カバーの端で覆われていますが波型を隠しているというよりは直線デザインになっているようです。側面窓のデザインも丸型に変わっています。側面窓下のバイアステープ部分以下は、一番普及しているバントリーモデルにそっくりで、Voyager IIタイプを小変更してこのモデルになり、さらに、現行モデルに移ったという気がします。

製造元へのリンク
http://www.monz-trier.de/
(ドイツ語)

« Weber オプション | Main | Leggero レジェロ »