« ドイツつながり | Main | 本当の理由 »

ユタ キャニオンランズ

つい最近まであまり人が入り込めなかった場所といわれているユタ州 キャニオンランズ。グランドキャニオンよりもまだまだ未開のフロンティアだそう。

evアップデートで盛り上がっていた。

キャニオンランズ(Canyonlands)は広大なエリアだ。3つの地区(three districts)に分かれていて、メイズ地区(the Maze district)がもっとも人が踏み込んでいない場所でありアクセスが難しい。Squaw Flatキャンプ場にとまるのならニードルズ地区(the Needles district)にいくといいね。すばらしいよ!。その後ニードルズアウトポスト(the Needles Outpost,)かな。ここは個人経営のキャンプ場。アイランドインザスカイ地区(the Island in the Sky district)だったら、おすすめは、デッドホースポイント州立公園(Dead Horse Point State Park)かBLMサイト(開発されていたりいなかったり)がたくさんある。アイランド地区内にあるNPSのウィローフラットキャンプ場は好きじゃない。 BLMはEVCでキャンプしたい!外の『』ページを別窓で開くよここでチェックするといい。

EVCでキャンプしたい!外の『キャニオンランズ国立公園 天空の島へ!』ページを別窓で開くよ『キャニオンランズ国立公園 天空の島へ!』


デッドホースポイントから数マイル上がったところにあるBLMランドでキャンプしたよ。2年前くらいかな。ビューティフル。木がたくさんあった。ここは大好きなキャンプサイトだよ。晴れた夜はミリオンスター&ビューティフルムーンだったし、赤岩に注ぐ朝日を、"階上"のウィンドウスクリーン('upstairs' window screen)越しに見て起き出したよ。すばらしいよ。価格も適正!


EVCでキャンプしたい!外の『キャニオンランズ国立公園』ページを別窓で開くよusatourist.com『キャニオンランズ国立公園』

キャニオンランズが国立公園に指定されたのは比較的最近、1964年のことです。それ以前は、この地域の大部分は前人未到どころか足を踏み入れることさえも不可能、といった場所でした。今でこそ鋪装された道路が数本通るようになったとはいえ、それでもまだまだ多くのエリアはアクセス不能なままです。キャニオンランズを周遊するには四輪駆動車が最適ですが、道路が非常に悪いのみならず、道路すらない場所が大半です。そのためか、ユタ州の他の国立公園に比べ、キャニオンランズを訪れる人はごくごくわずかなのです。


これでKPT Bryceという景観作成ツールがあったことを思い出した。Bryceってブライスキャニオン国立公園のことだったのかあ。

EVCでキャンプしたい!外の『BLM - The Bureau of Land Management(土地管理局)』ページを別窓で開くよ『BLM - The Bureau of Land Management(土地管理局)』
U.S. Department of the Interior 内務省 の下部組織
(内務省=インテリア・デパート!   インテリアは内装だけじゃないんだね)

EVCでキャンプしたい!外の『デッドホースポイント州立公園』ページを別窓で開くよ『デッドホースポイント州立公園』の日本語情報

EVCでキャンプしたい!外の『車で9州ぐるりん旅』ページを別窓で開くよ『車で9州ぐるりん旅』

アメリカは自然保護第一なのでなかなかバーベキューを許可して いる公園がない。やっと発見したのがユタ州のDead Horse Point州立公園。ここにはグリル がありバーベキュー可。


EVCでキャンプしたい!外の『ようこそコロラドへ。もと駐在員による米国コロラド州の観光・生活案内。』ページを別窓で開くよ『ようこそコロラドへ。もと駐在員による米国コロラド州の観光・生活案内。』

この方コロラドの名所をお薦め度でA=絶対に行くべき、B=おすすめ、C=わざわざ行く程ではないが、ついでなら・・と分類しているなかで、コロラドの名所はAどまりなのに対して、ユタ州の名所として記載している4箇所中、このキャニオンランズ含め3つが特Aランク。コロラド情報はEVCでキャンプしたい!外の『ようこそコロラドへ。もと駐在員による米国コロラド州の観光・生活案内。』ページを別窓で開くよ
トップページ
から


« ドイツつながり | Main | 本当の理由 »