« コーチ配線被覆のダメージ | Main | 1972年フィアット238 ヴァインスベルク ヴォンモビール キャンパーバン »

ドイツMSNでの中古T4ガイド


1991年から始まるのを疑っているが、いまやその終焉に向かっているのは疑いようもない。VW T4はその祖先のカルトな人気を引き継ぎ、VWとBullyのファンに限らず人々の心をつかんでいる。つまり、ファミリーやアウトドア派にはマルチバン、カラベルの価値が受け入れられているのだ。スポーツ仕様車が伸び悩んでいる今、用途にあわせて変幻自在な室内スペースと合理的なエンジンによって、T4は中古車市場での高値が続いている。ミニバンと小型トラックとワゴン(den Großraum-Pkw-Varianten)のタイプには、1996年初頭に外観および技術仕様で変更がなされ、小粋な顔とTDIおよびVR6というキビキビしたエンジンになった。これにより、マルチバン、カラベル(加えてキャンピング仕様のカリフォルニア)はより多くの人の心をつかんだ。

第2世代のT4を購入するための明快なガイドをお届けしよう。
"インテリジェント"な4速オートマは選択できないが、TDIが推奨だ。次いでN/A仕様。102HPだが価格、装備、アチーブメント、燃費、運転の楽しさのバランスがあって次点の候補となる。
150HPの強力なTDIプラスは、Iの文字が赤くなっていることでわかる。ボディータイプはマルチバンだ。現時点でその変幻自在ぶりは無比。

T4マルチバン/カラベルのプラスマイナス

プラス


  • 柔軟をもちさまざまに使える室内
  • 堅牢なシャーシと安全なハンドリング
  • エンジンエリアを広げた乗員安全性への配慮、経済的なTDIエンジン
  • 安定したブレーキ系統
  • 高値の中古価格

マイナス


  • 馬力のないエンジン
  • 高い基本価格とオプションには金がかかる
  • 排ガス汚染度は好ましくないレベル。つまり税金の面でやや不利
  • TDIエンジンでは即スタートとはいかない
  • 長いシフトレバー位置


EVCでキャンプしたい!外の『MSMドイツ版のAUTO』ページを別窓で開くよMSMドイツ版のAUTOより

いつものように訳の品質は保証できませんが・・・


« コーチ配線被覆のダメージ | Main | 1972年フィアット238 ヴァインスベルク ヴォンモビール キャンパーバン »