« WohnmobilとKastenwagen | Main | 1978年Type2 キャンプモビール マニュアル from Type2.com »

ダウンアンダーの新しい波


オージーの特長は、自分たちの組立工場を所有していることと、地元市場に対してVW社と共同開発してきた強力な歴史があること。http://www.vwclub.com.au/vwhistory/austmodels.htmを見てみよう。たとえば、米国につづいて、オーストラリアでもシンクロを継続した。4WDが必要だったからだ。さらにT4シリーズおよびそのバリエーション車種に当初からかかわっていた。コンビはオージーでは一般名詞だって聞くよ。

米国市場をVW社が無視していることについては、愕然とするね。トラックへの25%関税は国内で組立を行ういいチャンスだったと思う。ダッジフライトライナーはバッジを付け替えてメルセデススプリンターディーゼルとなってサウスカロライナで組立されているよ。オージーたちが自国で組立をどうやって始めたのか知りたいものだな。

ここドイツじゃVW T5 コンビ/カリフォルニア/カラベルの売上がなかなか伸び悩んでる。(だれもがもう新世代バンに乗り換えているのかと思えるぜ) だけど、いま乗っているやつに乗り続けているだけなんだけどな。特に2.5TDiが人気だけど、VWの天才野郎は米国に輸出することなんかすっとんでいて、米国排気規制をクリアできてないときた。実質同じエンジンがジェッタやゴルフで使われているってのに。カナダでもいくらかは輸入されているぞ。米国では最初は旧式の直列5気筒。その次はVR6のオートマオンリーときたもんだ。ディーゼルとマニュアルが標準の国じゃあこんなの2軍選手以下だ。

VWが広報で、このバンを、『米国にはこの車の市場はない』というようにいってたんだって?。これにはまいったね。市場調査に基づくマーケティングってやつかよ。T5、ルポとかをなくしちゃったんだからな。いま新型ディーゼルゴルフTDi”バリアント”(こりゃくそネーミングだぜ)にのってるが、これはめちゃベーシックグレードでお買い得なミニステーションワゴンだね。街乗りには完璧だよ。米国でもどうだ?

メルセデスも同じくらいあこぎだぞ。Aシリーズを輸入するのを断ったんだからな。ぜいたくイメージがこわれるって恐怖におののいているんだぜ。スマート、Aシリーズ、ベントっていう新しい部門がブランド拡張につながるってことを考えられないのかねえ。MOBIとか呼んで、サイオンとか”ライフスタイル”カーをマーケットから追い出すってことを考えろよ。(フェアにいえば、MBのスプリンターを買いたいなって思ってるUPSなんかのためには、名前を変える必要はあるな。そうじゃないところなら、UPSもそうだが、みんな金あまりだから、ぜいたくなブランドイメージはやっぱり必要だろうけどな)

BMWはいままで、新世代コモンレールディーゼルを米国の3シリーズや5シリーズには載せなかった。みんなが思っているようなディーゼルに対するイメージが破れないでいる理由だな。BMWにすりゃイメージというんじゃなくて米国内の高硫黄軽油が問題だというんだろうけど。これはもうすぐ対応されるからな。

いいものをつくり、適正な値付けをし、そこに、適切なサービスを付け加えれば、結果はおのずから現れる。

オージー野郎からは

記録を素直にみれば、オーストラリアでのVWの組立は1976年からだが、実はType1、Type2の完全生産の工場が1956年には稼動していて、国内向け専用車種のバリエーションもその時点でなんとすでに稼動を始めていた。当時のさまざまなグッズを所有しているが、カンガルーを両端に描いてあるVWロゴが多くのものについている。1968年にはこれらが終了してしまい、VWはType1とType2の1976年まで、Type3は68年から74年まで、それぞれ輸入パーツからの組立をおこなっていた。それ以降はウォルフスブルク、ハノーファー、それとT3(T2.5)のシンクロはオーストラリアのグラッツから、それとそれまではハノーファーで組立されていた2WDの最終生産T3についてもT4生産準備のためグラッツに移管されそこからの輸入となってしまった。


T3シンクロ(バン、シングル&ダブルキャブ)は当地でも1992年に終了。1993当初にも少量は登録されているようだが。T3シンクロのパネルバンは当時通信会社が地方のサービス業務用に大量に買い入れて使用していた。オフロード能力が買われての採用だった。機器類すべてを搭載しての乗り心地は他のバンや四駆専用車では引き受けられなかった。当時の多くの車両は一度Telstra自前のキャンパー車両に置き換えられたのち、さらにT4シンクロに引き継がれている。


T4は1992年の年末からだ。T3シンクロとT4バンが同時に販売されていた時期もわずかながらあった。T4が出てからは考えられるあらゆる車種バリエーション、エンジン構成が出た。シンクロがでるまでには数年あったが。Telstra社は当時T3シンクロで継続使用としていた。


『コンビ』はほとんど一般名詞だが、VWバンにしか使わないよ。non-VWにはそんな愛情表現は使わない。単に白物とか、く*箱  ;-)  とか。『コンビ』という名前は普通はスプリッティか第2世代タイプ2に使うね。第2世代タイプ2は君たちは『ベイ』と呼ぶんだっけ。折りたたみ式リアシートでベッドになるやつがついたVWバンならどれでもこれをつかうのは間違ってないね。
新型のT5コンビに関する記事は全部が事実を書いているわけじゃない。コンビという名は02年、03年、04年に販売されていた後期型T4時代にすでに(公式に)復活していたから。窓付きバンでリアシートが折りたたみ式のベッドになる仕様のやつにはリアテールゲートに『Kombi』って名前がつけられていたよ。それとベーシックバージョンのカラベルにもあった。

新型T5コンビビーチはかっこいいけど、俺たちオージーサーファーの大半はVWバンのなにがしかにもう乗ってるし、サーフモバイルとして使えるようにいじっちゃってるから、わざわざ『ビーチ』とか『サーフワゴン』なんてのを買わなきゃいけないなんてことはないんだよ。

そんなのは、丘サーファーっていうの(古い!)、そんななりきりたいやつか、サーフカルチャーに参加したふりしてるやつなんかが買うんじゃないの?

シー! VWがガスオーブンつきのマルチバンをつくって、マルチバンアップルパイっていう名前で売るっていうのはどう?米国民をむかつかせると思わない?



『コンビビーチはより上の市場を狙っているカリフォルニアに次ぐクラスのものです。2WDと4WDが提供予定です。』
カリフォルニアでカリフォルニアが買えないとは・・・。アイダホでも買えないけどね。







EVCでキャンプしたい!
フォルクスワーゲン ユーロバン キャンパーであそぶ ~ Volkswagen Eurovan Camper ~



« WohnmobilとKastenwagen | Main | 1978年Type2 キャンプモビール マニュアル from Type2.com »